Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

図書館にて

 ずっと風邪で具合が悪く、今日はしょうが湯を飲み、すりおろししょうが入りのお風呂に入った。ここまで具合が悪くなるとチャングムの教えを守るしかない。ある意味体から毒素が出ているデドックスなんだろう。一つの仕事が終わろうとしていて、まさに毒抜き。半年間よく耐えた、と自分でも思う。11月から新しい仕事が始まるんだけど、見通しは明るい。がんばったかいはあったというもの。
 先日、mixi友達の黒田チャーミーさんと銀座のカフェで、「東京にいる意味ってなんだろうね」って話になった。写真や文章で広告や雑誌の仕事をしたくて、大学に入って東京に来たわけで・・・。子ども優先のためとはいえ、少し遠ざかってインテリアの勉強をしている今、「東京にいる意味はないな」とも思ったりもした。でも最近は「そうでもないかも」と思っている。そもそも意味を求めることさえも、究極には無意味なんだ。
 まだ具合がよかった火曜日、図書館に行って本を探した。探した本はTinaさんのブログにある「エンジェルヒーリング」で、この本はなかったけど山ほど読みたい本があったので借りる。それから映画「デボラ・ウィンガーを探して」のビデオがあったので、これも借りた。この映画は「グラン・ブルー」のロザンヌ・アークエットが監督の異色のドキュメンタリー映画。メグ・ライアン、ロビン・ライト・ペン、ダイアン・レイン、ジェーン・フォンダ、グイネス・パルトロウ、シャロン・ストーン、といったそうそうたるハリウッド女優達にインタビューしている。女優たちは自分の仕事と子育て、子どもとの関係をやっぱりそれぞれに考えて、悩んだりしたのがわかっておもしろい。子育てしながら働くお母さんには、ぜひおすすめしたい映画。

b0077251_0242175.jpg


 借りてきた本は、「神との対話」(サンマーク出版)ニール・ドナルド・ウォッシュ著
「人生を幸せへと導く13の習慣」(総合法令)ベンジャミン・フランクリン著
「3週間続ければ人生が変わる」(海竜社)ロビン・シャーマ著
それからいつかは読まなければと思っていた、ナポレオン・ヒル著「ゴールデン・ルール」。
なんでこんな成功哲学の本ばかり(神との対話はちょっと違うけど)読むのかというと、そろそろやる気が出てきたわけ。以前は「子ども優先だから今は仕方がない」と自分を納得させるしかなかったけど、もうそうではないと思っている。成功したいと真剣に考えているのだ。おっと、言葉が世界を作るのだから、これではいけない。言うならば「人生に必ず成功を創ります」だね。
 吹き抜けのあるこの図書館は、最寄駅から直結の駅ビルのなかにあって、しかも夜遅くまで開いている。気持ちいい吹き抜けのところで、雑誌も新聞も読み放題、のすばらしさ。
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-10-27 00:43 | books
<< Happy Birthday,... 銀座の新しい表情、有楽町イトシア >>


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧