Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

PIERRE HERME' PARIS ピエール・エルメ・パリ青山 (2)

 「Signature~シニャチュール」は、3つの小さなデセールが一つのお皿にのって来た。
1、ライムゼスト入り、ホワイトチョコレートのムース、苺のマーマレード、ライムのグラニテ
2、オンクスチューズショコラカライブ、バナナのソテー、黒胡椒のアイス、ココナッツチュイル
3、オンクスチューズマンジャリ、キャラメル風味マスカルポーネクリーム、キャラメルチップ
 ショコラティエは「1、2、3、の順番でお召し上がり下さい。」とフランス語なまりの日本語でおごそかに言う。「えっ、いろいろ同時に食べてはいけないのですか?」と聞くと、「はい。」とうなずく。えーっつ、と思いながら、1、2、3と少しずつ食べて、うーん、とうなり、もう一度1、2、3と食べた。するとその意味がわかった。すべてチョコラのデザートだけど、それぞれ風味とテイストが違う。その違うテイストをはっきり味わうために順番が決まっているのだ。

b0077251_2321622.jpg


 特に2の、オンクスチューズショコラカライブにバナナのソテーの組み合わせは新鮮だった。バナナのソテー、そしてその上に黒胡椒のアイス!初めて食べた黒胡椒のアイスはスパイシーな香りと味。さらにココナッツチュイルのクリスピーな食感と、オイリーなココナッツの味。うーん、とうなってしまう組み合わせ。この五感に訴えるような味は「なんて官能的!」と思わず叫んでしまうことでしょう。

b0077251_23275647.jpg


 アイスチョコレート(1200円)は苦味がきいたカカオの味がしっかりする。以外にクリーミィでないのに驚いた。安易にミルクをプラスしていないのがよくわかる。これにパッションフルーツフォームをプラスしたアイスチョコレートのカクテル「Mogador」(1500円)も続けてオーダー。
 この「Mogador」の味が忘れられなくて、自宅でこの味を再現しようとなんども作ってみた。パッションフルーツとチョコレートの最高の組み合わせ。
 こんなシックな「Chocolate Bar」。夜になれば、お食事前の待ち合わせのひと時に、ぴったりの雰囲気だよね。ショコラとワイン、ショコラとシャンパンでも味わいながら待ち合わせなんて、なんて素敵。

b0077251_23495359.jpg

 ピエール・エルメ・パリ青山では、月に一回ケーキやスイーツを味わう「THE FETESH PARTY」が行われている。次回は9月28日(金)19:00~。この回のテーマは「カラメルと塩味がきいたショコラの組み合わせ・プレニチュード」。参加費は8400円(予約はネットより、定員30人)。すてき・・・。もし会場でお会いしたら、お声がけ下さいね。
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-09-20 23:56 | PIERRE HERME'
<< PIERRE HERME... PIERRE HERME... >>


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧