Chocolate lovers

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

京都に行ってきました(4) 番外編

 東京から京都に向かう新幹線の中、ワゴン販売の商品の中でこんなチョコレートに遭遇。家

の近くのスーパーでは売っていないし、今まで見たことない。ロッテの「産地別カカオ」(利きチョ

コレート?) カカオの産地別にエクアドル、ベネズエラ、トリニタード・ドバゴの3種類のチョコレ

ートが入っていて、それぞれの味や香りの違いを食べくらべできるようになっている。食べてみ

ると本当にそれぞれの個性がはっきりしていた。最近はカカオの効果とか、産地がセールスポ

イントになっているチョコレートが市販されていますよね。なんかとってもうれしい時代かも。でも

こんな3種類のチョコレートが入っているなんて驚きの商品だし、しかも新幹線の中で売ってい

るなんて。

b0077251_19122358.jpg

 さらに驚いたのは同じワゴン販売の商品の中にあのオー・ボン・ビュー・タンのクッキー詰め合わせがあったこと!

 これって常識だったのですか? 私は初めて知りました。あとル・コントともうひとつのお店の

クッキー詰め合わせ(550円~600円)。すごいですね、JR東海。

 京都は2日しかいなかった私の感想ではなんかソウルに似ていた。エネルギッシュなところと

ちょっとエスニックっぽい香りもあり。あと何もかも至るところ美しくあるように工夫されていた。カ

フェの窓から見える風景も、どう見せたら美しくなってお店のディスプレイのひとつになるか計算

されているようだ。どこを見ても、そこかしこに小さな美しさがあるように街中で気を遣っている、

そんな街。そんな意味ではパリにも似ているかも。

b0077251_19151984.jpg

 
 でもパリよりもエネルギーを感じたな。ソウルか吉祥寺みたいな感覚。エスニックな小物の雑

貨屋さんや、着物の古着のお店が多いからかも。お寺の隣がバーになっていて、その反対隣が

デザイナーものっぽい靴屋だったり、教会のすぐ脇に地下のネットカフェに降りる階段があっ

て、ということは教会の地下はネットカフェなの?みたいなミスマチック。朝起きてホテルの部屋

の窓を開けて外を見たら、窓の下が一面墓地になっていてこんなビルに囲まれた繁華街の中

に小さなお寺が共存しているんだって驚いた。

b0077251_1322914.jpg


 貴船神社からの帰り際、こんな場面に遭遇。縁結びの神社に行ってご結婚の撮影に出くわす

とは、なんて幸運! でもある本によればここはカップルで訪れてはいけないとか・・・・。

お二人の将来がちょっと心配・・。でも大丈夫だよね。きっとご利益ありですよね。
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-04-17 19:24 | kyoto
<< 京都に行ってきました(3) ケーキ編 お祓い・お清め 2007 >>


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧