Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

香港小旅行(3)食べ物編

宿泊したホテル、ルネッサンス・カオルーン(香港九龍萬麗酒店)のすぐ隣りがショッピングセンターで、大きなスーパーもあり、ジュースやおかしなんかはすぐ買えた。
 日本の商品が多くて、びっくり! 韓国の製品もたくさんあった。ブルボンのプチ・シリーズなんかも、そのままコーナーがあって驚いた!

 そのショッピングセンターの中のお店(漢字が読めなくて、お店の名前わからず)、で食べたジャージャー麺がおいしかった!

b0077251_13552839.jpg


  麺は細くてコシがあり、冷麺をもっと細くしような固い麺の上に、ローストした豚肉が辛味噌と一緒にのっている。日本でジャージャー麺というとひき肉だけど、こっちでは違うんだね。



 それから炒めた空芯菜をオイスターソースにつけて食べる料理。この炒め料理は、香港のどのレストランでも出されたけど、このお店のが一番おいしかった!
 それに、ゆでたあずきの入ったミルクティー。これがおいしいの!ミルクティーも紅茶ではないようだった。プーアール茶なのかな。あまり甘くないあずきを飲めるように、太めのストローがついていた。

 それにしても困ったのは、子供用のおはしや、フォークを出してくれないこと。中国では子供でもこんな、太くて長いお箸で食べるのかな・・・・。麺が固くて噛み切れず、直接ずるずると飲み込むようにして食べる子ども。



 ツアーの食事でもガイドさんに「子供用のスプーンかお箸ください。」と言うと、「心外的!」って感じで、びっくりしていたのよね。親切なガイドさんだったのに、このときは違ったなー。
 どうやって食べるんだろうね、中国の子供。きっとあの、太くて長い箸でも、器用に使えるのかもしれないね。

 香港、台北、ソウル、そして普段住んでいる東京の、アジア4大都市を比較して思ったのは、一番レストランで食事して一番感じがいいのはソウルだった! 香港はお店の人が感じ悪いの・・・。テーブルにお料理を出すときなんか、完全にそっぽ向いていて、お皿をガーンって、置く感じ。何か聞いても無愛想で、ぶっきらぼう。でもこれが普通なんだね、驚き!台北はもっとマシだった!!
 東京はクレームにならないように、店員さんは対人恐怖症になっている感じ。ソウルでは頼んでもいないのに、おばちゃんが料理を取り分けたり、お皿を代えたり世話を焼きたがる。人のあったかさを感じたな。
 なんだかまだ、香港の良さを実感することなく終わってしまった今回の旅行。次はもっと誰かと、つながりを持てるような旅行をしてみたいものです。
[PR]
by tomoknowsflower | 2009-07-23 13:55 | Hong Kong
<< 香港小旅行(2)建物編 朗読者 >>


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧