Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:さかもと未明 ( 4 ) タグの人気記事

愛と癒しと気づきのSAKURAパワー

今朝も一人、近くの慈林薬師寺に行って、桜と対話。

いや、対話ではなく、ただ受け取るメッセージ。桜はただ、ただ、そこに在るだけ。

b0077251_13335394.jpg


友人たちのブログに遊びに行くと、今は桜の写真が見れて、うれしい。 みんな、桜大好きね。

b0077251_13354188.jpg


4月に入って、いきなり何かが始まったようで、突き動かされるようにブログとmixi再開。

いろんな人から「連絡がとれなくて、困った」、とお叱りを受けたので、コメント書き込みもまた再開です。

連絡下さい!とコメントしてもらえれば、ご連絡します。 永らくの冬眠生活?ごめんなさい。

b0077251_13455156.jpg



占い師のTinaさんが、HPを閉じてしまい、月ごとの無料占いがなくなってしまった。

Tinaさんの占い依存症だった私は、かなり心細い。毎月の初めに見て、心の在り方を決めていたのか、

または心の在りようと、占いが一致していたのか。でも、起こることへの準備はできた。

これからは、自分の心にもっと耳をすまさなければ。

Tinaさんはブログに「今月の言葉」をアップしてくれている。

Tinaさんのブログはこちら→http://blogs.dion.ne.jp/tinadrops/


久しぶりにmixiをのぞいたら、さかもと未明さんが、ご病気(それも難病!)だったとのこと。 

あまりにご無沙汰していて、ごめんなさい未明さん! ご病気がよくなっていきますように、お祈りしています。

今はただひたすら、子育てに必死な私だけど、PHOTOセッションは実現させる。

宮ノ下箱根ホテルのロケもいい。お父様とのふれあいにじーんと、感動がありました。ありがとう、未明さん。

さかもと未明さんのブログはこちら→http://blog.goo.ne.jp/sakamoto-mimei/

愛と癒しのパワーをもっているね、桜って。美しさというパワーも癒しになる。

桜の、ただ、そこに在るだけの美しさ。

「そのままでいいのよ。」って、「ただ、そのままで、ありのままで、みんな美しいのよ」って、

そんな小さなささやきが、聞こえるね。

昔しばなしにでてくるような、慈林薬師寺にて、未明さまのご病気の回復をお祈りした。

b0077251_1455327.jpg

[PR]
by tomoknowsflower | 2010-04-09 14:09 | tina☆占い

未明さんPhotoアップされています

b0077251_1672083.jpg

 ずっと前に撮影した、さかもと未明さんの写真がアップされています。未明さんのオフィシャルブログさかもと未明の和みカフェ?を見てくださいね。本当にありがとう!未明さん(愛を込めて)。
 すごく昔に撮った自分の写真を見て、「この時、もっといい写真あったんじゃないかな」と思った。「そうか、まだデータにして未明さんに渡していないんだ」と気付き、激しく自己嫌悪。何するにも時間がかかってまいってしまう。
でもお互い若かったなー。なんだか私の写真にも迷いがあるというか、なんか中途半端さがある。「ふんわりとして、少し官能的」という私のテーマは表現されているけど、それでもすごく何か足りない。写真が下手なのは、いまさらどうしようもないのでさておき(見て頂いている方には申し訳ないですけど)。
 未明さんの発刊されたばかりのご著書「他力本願美容道」の表紙の美しさを見てくださいよ!私の写真より、ずっとおきれいじゃないですか!! うーん、激しくまずい。
 ともすれば、「子どもさえいてくれれば、私は幸せ」というところにはまりがちな私。そんな私に「写真を撮る人としてのあなたはそれでいいの? 表現者として生きるのではなかったの?」と喝を入れてくれる未明さん。
 子どもがかわいくてそばにいたい気持ちと、私自身のやりたいことが、またしてもせめぎ合う。自分自身はどう生きるか、またしても考えさせられる。世の母親はこうやって葛藤しながら、子どもを育てていくんだね。ほとんどの人は、自分の母親のそんな葛藤も知らず、感謝するチャンスもなく大きくなってしまう。思春期になって「あなたのためにお母さんは・・・。」みたいなことをいわれても「なんて恩着せがましいんだろう」、「頼んで生んでもらったわけじゃないのに」とうざく感じるだけ。等身大の母親の気持ちって、どう子どもに伝えたらいいんだろう。
 話はそれてしまったけど、何がしたいかというと・・・、とにかくもっと写真をやらなくちゃ。時間とお金欠乏症の、今の状況から抜け出さなければ。
 今日のニュースでは「パイレーツの桑田真澄投手がメジャー入り」と報じられていた。努力すれば、必ず報われる。これは子どもにも教えたい「永遠の真理」。

 
 
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-06-10 15:51 | photo

さかもと未明さん宅訪問

 先日、さかもと未明さん宅に遊びに行った(未明さんのオフィシャルブログ「さかもと未明の和みカフェ?」はこちら)。子どもを連れて行ったので家から2時間半以上もかかってしまった。時間がかかるので子連れは避けたほうがいいかな、と思ったけど、子どもを未明さんに見せたくて連れていくことに。途中、池袋西武でランチのサラダやルノートルのパンを買い、デザートにはヴィタメールのブラウニーを。
 未明さんはすっごくお忙しいようだったけど、久しぶりに会えてうれしかった。最後に会ったのは子どもが生まれるずっと前だから、7、8年ぶりになるのかな。お電話では話していたけど、子どもを見て「こんなに大きいの!」とびっくりなさっていた。
 子どもは「ナルト疾風伝」のマンガを、早速未明さんの仕事場で見つけて大喜び・・・頂くことに。また未明さんのサイン入り原画をプレゼントされる。
 私も「マンガ ローマ帝国の歴史2 アウグストゥス、揺るぎなき帝国の礎」(講談社)と産経新聞に掲載された連載の単行本「憂ちゃんのおしえてプリーズ(教育編)」(産経新聞出版 1050円)をもらってうれしーい!
b0077251_23161350.jpg
 
 この「憂ちゃんのおしえてプリーズ(教育編)」はかなり超おもしろいです。テーマは「ジェンダー」、「ニート」、「英語の何が大切なの?」、「給食費を払わないって本当?」とか「いじめ、どうしたらなくなるの?」「世の中、お金?」など深い・・・・・。文化人やその分野の専門家にインタビューしたり、取材をなさっての充実の内容。未明さん自身の体験からの言葉も多くあり、じーんとしてしまった。未明さんは確かに同世代だけど、この本を読んでの感動から、それ以上のつながりやシンパシーを再び感じた。それは何かというと「懸命に生きる」ということだと思った。すばらしいお仕事をなさっている未明さんに拍手です。みなさんも早速書店で注文してくださいね。おすすめです。
 帰りに子どものリクエストにより、未明さんとの撮影に使う洋館のロケハンに行く。中には入れなかったけど外側のロケハンはできて満足。許可が取れれば、ここで幻想的でミステリアスかつノスタルジック、少し官能的(?)な、大人の女達が総力を挙げての大撮影が行われるのだ。楽しみ。
b0077251_23224869.jpg

 

 
 
 
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-05-24 23:18 | books

さかもと未明さんのこと

 今日は寒いですね。雨も降りそうだし・・・。黒のセーターに黒字に水色の花柄の、BCBGのワンピースで仕事に行こう。朝からさかもと未明さんのブログを見ていたら、なんだかすごくおしゃれしたい気分になった。
 未明さんと4月中にお会いする約束だったのに、実行できなかった。未明さんごめんなさい。私も自分の言葉が守れなくて残念。未明さんのブログ、オフィシャルサイト「さかもと未明のなごみカフェ?」はこちら。未明さんのphoto満載のブログをぜひ見てみて(残念ながら私の写真はまだないけど、そのうちアップしてもらうんだもん)。 
未明さんとは講談社の雑誌の取材で知りあって、その後未明さんの撮影の度に私を指名して頂いたりして、仲良しになった。その頃も未明さんは有名だったけど、今は超有名人だ。
 お着物が大好きで、写真大好きな未明さんと何度も作品を作った。馬込の古い、ひなびた旅館でプライベートな作品撮りをしたっけ。ヘアメイクの小沢さんと女3人で、未明さんを着せ替え人形みたいにお着物を着せては写真を撮り、泊まって夜まで撮影して・・・。楽しかったなー。
 今年の2月に未明さんからお電話が来て「また作品撮りましょうよー。私が撮られたいという瞬間がわかるカメラマンに、写真を撮って欲しいのー。」と言われた時はうれしかった! 子どものお世話と山のようにある家事の、普通の日常に埋没してしまいそうだったから。私の今年の「photographer復帰」を後押ししてくれた一言だった。
 未明さん次回こそ、必ず約束を守って行きますだ。そうそう、近くに昭和初期に建てられた洋館を見つけた。今は公共の建物になっているけど、お茶室なんかは半日単位で借りられる。
撮影につかえそう♪
 書店で未明さんが長年を費やした力作
b0077251_22452442.jpg
「マンガ ローマ帝国の歴史1 ユリウス・カエサル、世界の運命を握った男」(講談社 1575円)を購入。仕事に行くまでの間にしばし読む。みなさんも書店で注文してくださいね。
 
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-05-01 09:01 | books


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧