Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

謹賀新年

遅くなってしまったけど、明けましておめでとうございます。

年末はぎりぎりまで大掃除やら、仕事やら働いた。

正月も元旦は休んだけど、2日からは仕事。

今年もよく働く年にしたい。

3日の早朝、出掛ける支度をしながらJ-WAVEの別所哲也さんの番組を、いつもの平日のように聴く。

すると別所さんが「今、朝焼けがすごいよ!」と言うので外に出てみたら・・・・。

ほんとにすごい!美しい朝焼けの空。

b0077251_11385597.jpg




こういう時は高層階に住んでいてよかった、と思う瞬間。

冬の寒さはハンパないが、それでも景色は美しい。

4日にやっと、守護神社、峯ヶ岡八幡宮に初詣に行った。

いい年になりますように。
[PR]
# by tomoknowsflower | 2012-01-09 11:21

LOTTE シャルロッテ<アイ>

「とろけるほどに愛して」のチャン・グンソクのCM、シャルロッテ<アイ>。

本当にとろけるソースが入っている、スティックチョコレート。

私のおすすめはこれ、ぶどうのシャルドネソース入り。

ラムレーズンのチョコレートは数多いけど、葡萄のソース入りのチョコレートはめずらしい。

食べるとちょっと苦めのチョコレートのなかから、とろっとしたシャルドネソースが出てきて、

他にはない濃厚な、でもさらっとした味わい。

すっかりはまってしまって、どんどん食べるけど、4本入りで120円という、

ちょっと高級な料金設定。

b0077251_18142290.jpg


それでも、ちょっと甘すぎるいちごのコンフィチュール入りや、カカオのソースよりも私は大好き。

ホームページをのぞいてみると、なんとスペシャルコンテンツで、恋愛診断なんかやっている♪

もちろんチャン・グンソクが占ってくれるわけじゃないけど、なんだかうれしい。

「とろけるほどのアイ診断」によると私は・・・・・・

<とろけるほどアイしたいクール派>、だそうだ。

「クールなオーラを放つあなた。好きな人からは「何を考えているかわからない!」、

と言われることもあるはず。自分の感情を素直に出すことが幸せの鍵。照れずに言葉で示して!」

だそうだ・・・。何を考えているのかわからない・・・? そうだったの?!

そう思われていたなんて、驚き! この年にして自分の1面を知ったぞ・・・(汗)。

「おすすめのフレーバーはシャルドネソース。必要以上に強がってしまうあなたには、

シャルドネソースがおすすめ。いつもの時間をちょっとだけ、ぜいたくにしてくれます。」

なるほど、だからシャルドネソースの、シャルロッテ<アイ>が好きなわけか・・・・。


みなさんもアクセスしてみてね。

LOTTEシャルロッテ<アイ>のHPはこちら→http://www.charlotte-i.jp/
[PR]
# by tomoknowsflower | 2011-10-16 18:14 | chocolate

埠頭萌え

先日、機会があって大田埠頭に行ってきた。

埠頭・・・なんて心がときめく、余韻がある言葉だろう。

埠頭、という言葉から連想するもの・・・、海、外国船、汽笛、霧、失われた夢。

なぜ失われた夢なのかはわからないけど、冒険の香り漂うし、それでなくてもドラマチック!

b0077251_14262459.jpg


抜けるような空は青くて、雲は白く、海も碧い。

b0077251_14272882.jpg


b0077251_14275140.jpg


貨物船と低空飛行する、飛行機。境界線に海。

巨大な重機と海。絵になる。

b0077251_14365112.jpg


夕暮れに積み上げられたコンテナの前を通る。

海外のメーカー名やロゴが表されたコンテナ達。

ここにも、失われた夢が漂う。

b0077251_14314655.jpg


b0077251_14315868.jpg


今度カメラを持って、写真を撮るためだけに来よう。

久しぶりにときめいた、埠頭の一日。
[PR]
# by tomoknowsflower | 2011-09-15 14:33 | photo

JEAN-PAUL・EVAN oishii

4月の初め、三年働いた仕事の終了「お疲れさま会」にて、プレゼントを頂きました。

JEAN-PAUL・EVAN(ジャン‐ポール・エヴァン)のチョコレート。

パッケージのデザインもリボンも、なにもかもカッコいい。

さすが、ショコラ界のグッチ。

b0077251_852274.jpg


もう辞めていたお友達やまだ現役の同僚たち、メーカーの担当営業さんも交えてのランチ会は、

すっごく楽しくて、女子会のノリそのもの。

久しぶりに食べるJEAN-PAUL・EVANのチョコもうれしいけど、みんなの気持ちもうれしくて。

思わずスケッチまで書いてしまいました。

b0077251_8525876.jpg


ヴァニラの香りやオレンジピールのほのかな香り漂うチョコレート達は、ほんとうに繊細で、

食べるときにつまむのも、そっとやさしくつまんでしまうのだった。

特に気に入ったのが、

TRINIDAD(トリニダ)
ライムの皮で香りをつけたガナッシュとハーフビターチョコレートの組み合わせ。

NEO(ネオ)フランボワーズ風味のフルーティなガナッシュ。

COSTA RICA(コスタリカ)オレンジピューレで風味づけした爽やかなビターガナッシュ。

やはり、フルーツのチョコレートに強くひかれる私・・・・。

だけど、せっかくの繊細な味も香りも、コーヒーで一緒に食べたのでは台無しだった。

やはり、メゾン・ド・ショコラで味わったような、中国系の紅茶が一番合うみたいで・・・。

今度は自分で買ってまた食べてみよう。最近ハードすぎる仕事への、自分へのお疲れさまに。


JEAN-PAUL・EVAN、HPはこちら→http://www.jph-japon.co.jp/


るぅさん、mutooさん、ありがとうね♪ 感謝です!!
[PR]
# by tomoknowsflower | 2011-06-24 08:58 | chocolate

卒業制作

半年通っていた学校が終了。無事、修了証書をもらった。

前回の学校からほぼ一年間、学校に通って勉強したことになる。

以前は製図、CAD、建築の学科、インテリアコーディネート、模型作りなど、

机の上の勉強がほとんどだったのに対して、後半は、タイル張り、左官、クロス張りなど、

思いっきり作業服着ての実技演習。ほとんど職人養成講座だった。

でもこの学校で初めてタイルの魅力に魅せられて、タイルの仕事がしたいと思ったけど、

タイルのみならず、左官、クロス張りなど内装の仕事も、就活するとかなり厳しかった。



クラスのみんな、7人で作った卒業制作。学校の資源ごみ置き場になる。

b0077251_10145553.jpg


外壁はライムコート、珪藻土を塗って、モルタルで擬レンガを制作(本物のレンガじゃないよ)。

ほとんど私一人の希望で張った、外側、側面のタイル。ちょっと南仏プロバンス風に♪

内壁はジョリパッドを塗って、正面の壁はタイル張り。このへんはみんなにおまかせで。

b0077251_10175079.jpg


透明感のある、緑の部屋と、

b0077251_10182627.jpg


都会的でモダンな、タイルとグレーの壁の部屋はkoderaさんの作品。ほとんどアートだ。

日程ぎりぎりまで、粘って作業した甲斐あって、完成度が高く仕上がったと思う。

いろいろなことがあった、共同制作。クラスのみなさま、お疲れさまでした(しみじみ)。

あんなに好きだったタイルだけど、もう大きい壁にタイルを張る事なんて、ないのだろうな。


学校の授業に講師としていらっしゃって、すばらしいお仕事を紹介してくれた、

白石普(あまね)先生。hpはこちら→http://www.tileworks.jp/


すっかりファンになってしまった。芸術性の高さ・・・・、尊敬です。

私はこれからは、独学でタイルを勉強していこうと思う。

新しい世界を見せてくれた、足立校の先生方、講師の方々、ありがとうございました。



そして同じクラスのご学友のみなさま、ありがとうございました&ご活躍をお祈りしてます。

たまには、集まろうね!
[PR]
# by tomoknowsflower | 2011-06-08 10:25 | architecture

春のチョコレート日記

震災明けの3月14日はホワイトデーだったはずなのに、電車は動かず、駅は黒山の人だかりで、

交通機関はすべて麻痺していたから、学校にも行けず・・・。

みんなホワイトデーどころじゃ、なくなっていた(当然)。

でも、電車が動くようになって学校に行ったら、遅ればせのホワイトデー・プレゼント、頂きました。

まずは、「花畑牧場のキャラメルチョコレートのラスク」。

b0077251_910454.jpg


まったりとしたチョコレートの風味が、しっかりしみこんで、サクサクでもしっとりの味。

花畑牧場にこんな商品もあるんだ、と納得のうれしさ。koyamaさん、ありがとう!



それから、シェ・ルイのプチフール。こんなセンスの良さ、あったんだー、とちょっと驚きの人物から。

b0077251_915598.jpg


高級フランス料理のフルコースを頂いた最後に、濃いコーヒーと共に出されるような、プチフール。

バターたっぷり、卵たっぷりの濃厚な味は、まさにフランス伝統菓子の味。

久しぶりに食べたフランス伝統菓子に感謝。


あとは、女子全員からプレゼントしたチョコレートのお返しの、銀座コージーコーナーのチョコ。

b0077251_9173074.jpg


なかなかかわいいアソート詰め合わせに、あの方(先生)がこんなチョイス?と意外な面もあり。

ケーキの形のホワイトチョコがなんともかわいい贈り物でした。


三年働いた仕事を辞める時に、同僚が開いてくれたお疲れ様ランチ会。

その席でジャン・ポール・エヴァンとMary'sの強わ者チョコ「熱き者」を頂きました。

b0077251_9215120.jpg


熱き者は私も以前の上司にプレゼントしたことがある、思い入れ深いチョコ。

銀粉や金粉をまぶした、黒糖や生姜のチョコは、控えめな味ながらまったり感の高いチョコ。

さすがはMary's、とうなるチョコレートたちだった、満足。

ジャン・ポール・エヴァンは、また別の記事でご紹介します。


最後に、先日学校を辞めて行った友人からもらった、モロゾフのチョコレート。

b0077251_9415215.jpg


モロゾフのチョコレートは、さらっとした食感。

あっという間に全部食べても、あまり重さを感じない。

後をひかないテイストの軽いチョコレートでした。感謝♪
[PR]
# by tomoknowsflower | 2011-05-10 09:39 | chocolate

サンドウィッチマン チャリティー ライブ

先日美容院に行ったら、その美容院の店頭用の雑誌に、サンドウィッチマンの記事が載ってた。

b0077251_8403658.jpg


この美容院はフランチャイズ・チェーン店で、社長さんは有名人。私もテレビで見たことある。

その社長さんが福島出身だということで、サンドウィッチマンの二人との対談していた。

内容はやはり震災に関してだけど、さすが美容院の店頭用だけあって、あまり重くない内容。

でもしっかり義援金「東北魂」の口座の案内も載ってて、なかなかいい記事だと思った。

サンドウィッチマンの二人は、沖縄や金沢や福岡県飯塚市、広島、海老名市、愛媛県、

そして気仙沼、南三陸町、仙台市と駆け回って、ライブして、チャリティ活動を続けている。

宮城県と東北のために、本当にありがとう。

そして、「サンドウィッチマンプレゼンツ 東北魂チャリティライブ」開催! それ以降は毎月開催!

5月20日(金)17:30開場、18:30開演 代々木、山野ホールにて。チケット2000円(税込)。

自由席、整理番号順、チケットはローソンやチケットぴあで買えます。

ゲストはマギー審司さん、狩野英孝と、宮城県出身の方たち。

収益はすべて義援金となります。

サンドウィッチマンの伊達みきおさんは、確かご先祖が伊達正宗公だったはず。

直接宮城県知事に手渡されるという、東北魂義援金。

みなさんもよかったら、足を運んでくださいね。

http://ameblo.jp/mikio-date/
[PR]
# by tomoknowsflower | 2011-05-10 08:52 | love

福島県と福島県民を守ろう

そんなこともあるかとは、思っていたけど、

福島県と福島県民に対する風評と偏見はすごいらしい。

福島県民お断りのお店があるとか、

福島県民だから断られたホテルがあるとか、

それに他県に避難した福島県の子どもたちがいじめを受けているらしい。

人間として恥ずかしくないのかな。

今まで 福島原発のおかげで電力を供給されてきた首都圏の人たち。

私たちが守らずして、誰が助けるのか?

被災地には他国の軍隊や支援者も多く来ているけど、

避難して来た人たちの支援は、いながらにしてできるでしょう。

今日19時からの番組TBS『芸人記者!体当たりスクープ』見て下さい。

サンドウィッチマンの二人が被災地に行ったルポのようです。
[PR]
# by tomoknowsflower | 2011-04-14 08:34

春と桜の癒しパワー

b0077251_1871453.jpg


急に暖かくなって、桜が満開になった。

東北新幹線も元通り、東北自動車道も元通り通れるようになって、

やっと、震災前の暮らしが戻るかと思った矢先、また深夜前に地震があった。

またしても宮城県沖が震源地。すぐに停電、それから水道が停まり、

原始時代に逆戻りしたと姉からメールがきた。どんだけ痛め付けられるのか宮城県、東北地方。

先日は東京バプティスト教会でspring concertがあり、子どもと行ってきた。

コンサートのなかで東北救済チームの報告があり、宮城県石巻の様子をビデオを見た。

体育館のような所で、思い思いに段ボールで家の境界線を作って暮らす被災者たち。

毛布のようなものにくるまって座るお年寄り。

屋内だけど、バラックの暮らしのようで、人々の目には光がない。

被災者の方々は、震災以来、まったく温かいものを食べていなかったそうだ。

避難所もテレビなどで見る避難所はいいほうなのか、特に石巻の避難所は悲惨だった。

大人用の下着や靴下、生理用品、大人用おむつ、お米や食料、ガスボンベのようなもの。

あとどれだけあれば足りるのだろう。今は喜んで支援している国民もいつまで続けられるのか。

自粛ムード、停電などによりパートやアルバイトの労働時間のカット。首都圏だって厳しい状況。

私の家の2軒先のお宅の人は、市の給食センターで働いていたが、計画停電で給食がなく、

3月はほとんど働いていないと言っていた。

そんななかmayumiちゃんが、備蓄していた食料を私の家族にと分けてくれた。

わざわざ仕事後の寒い夜に、バイクで届けてくれた。パスタやパスタソース、お餅やおかしなど。

そんなに簡単に受け取れないと思ったけど、好意があまりにうれしくて素直に受け取った。

すぐに実家に送ると、実家の家族も喜んでくれてお礼のメールが来た。

それに仕事の時にお昼をご一緒していたhirumaさんは、空家を被災者の方々に貸し出したそうだ。

b0077251_1874228.jpg


人間の善意はきらきらと輝いて、小さな好意に心が温まる。

こうやって、少しずつ助け合いながら復興していけたらすばらしいと思う。

日本はまだまだ捨てたもんじゃないよね。行政の物事が進むスピードは遅いけど、

辛抱強くがんばらなくては。

桜の花の癒しのパワーが、被災地の方々にも届きますように。

b0077251_1861738.jpg

[PR]
# by tomoknowsflower | 2011-04-10 14:52 | love

教会にて祈る

今日、久しぶりに教会に行った。私の教会、東京バプティストチャーチ。

ずっと日曜日に働いていたので来れなかった。三年続けた土日祝日勤務の仕事もやっと終わった。

本当にうれしい。これからは教会に来よう。そしてchoirも徐々に始めようと思う。

東京バプティストチャーチ(以下TBCと略)では、東北復興ミッションチームが編成されて、

活動を開始していた。救済チームは数日内に第1陣が派遣され、被災地で炊き出しを行う。

TBCの前に作られたテントでは、たくさんの子供用オムツ、トイレットペーパー、お米などが、

トラックに積まれる為に積み上げられていた。第2陣も準備中とか。

それからホストとして被災地から避難した人々の受け入れ、心のケアチームが募集されていた。

私は自分ができること、封筒に「For earthquake」と書いて献金した。そしてお祈りした。

私たちの誰もがいつでもどこでもできること、祈ること。

・酷く被災され苦しんでいる方々に平安と慰めを

・福島原子力発電所の危機を解決することに関わっている人々に知恵と力を

・東北復興チームに安全と力を

・人々の命に触れ、キリストの良い知らせを分かち合う聖なる機会を

全員で一緒にお祈りした。

b0077251_9565391.jpg


祈りが届きますように。

ご興味のある人はWebで見てください。http://tokyobaptist.org/


外に出て、スモールグループを探そうと思った。クリスチャンとしてシェアがしたかった。

電車の中でmixiの宮城県コミュを見てみたら、ケーキやクッキー、アイス、お寿司を売っている、

お店の情報が載っていたので、すぐに姉にメールした。

行きたいけど、被災地に炊き出しに行くことはできない。

家が広くないから、避難した人々を受け入れることもできない。

相変わらずたいして何もできない私。またもや無力感をひしひしと感じた。

来週日曜日、4月3日はTBCでスプリングゴスペルコンサートがある。6:30PMスタート。

興味のある方は、ぜひ来てみてくださいね。


すべての人に神の愛と恵みが豊かでありますように。
[PR]
# by tomoknowsflower | 2011-03-28 00:17 | love


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧