Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

福島県と福島県民を守ろう

そんなこともあるかとは、思っていたけど、

福島県と福島県民に対する風評と偏見はすごいらしい。

福島県民お断りのお店があるとか、

福島県民だから断られたホテルがあるとか、

それに他県に避難した福島県の子どもたちがいじめを受けているらしい。

人間として恥ずかしくないのかな。

今まで 福島原発のおかげで電力を供給されてきた首都圏の人たち。

私たちが守らずして、誰が助けるのか?

被災地には他国の軍隊や支援者も多く来ているけど、

避難して来た人たちの支援は、いながらにしてできるでしょう。

今日19時からの番組TBS『芸人記者!体当たりスクープ』見て下さい。

サンドウィッチマンの二人が被災地に行ったルポのようです。
[PR]
by tomoknowsflower | 2011-04-14 08:34

春と桜の癒しパワー

b0077251_1871453.jpg


急に暖かくなって、桜が満開になった。

東北新幹線も元通り、東北自動車道も元通り通れるようになって、

やっと、震災前の暮らしが戻るかと思った矢先、また深夜前に地震があった。

またしても宮城県沖が震源地。すぐに停電、それから水道が停まり、

原始時代に逆戻りしたと姉からメールがきた。どんだけ痛め付けられるのか宮城県、東北地方。

先日は東京バプティスト教会でspring concertがあり、子どもと行ってきた。

コンサートのなかで東北救済チームの報告があり、宮城県石巻の様子をビデオを見た。

体育館のような所で、思い思いに段ボールで家の境界線を作って暮らす被災者たち。

毛布のようなものにくるまって座るお年寄り。

屋内だけど、バラックの暮らしのようで、人々の目には光がない。

被災者の方々は、震災以来、まったく温かいものを食べていなかったそうだ。

避難所もテレビなどで見る避難所はいいほうなのか、特に石巻の避難所は悲惨だった。

大人用の下着や靴下、生理用品、大人用おむつ、お米や食料、ガスボンベのようなもの。

あとどれだけあれば足りるのだろう。今は喜んで支援している国民もいつまで続けられるのか。

自粛ムード、停電などによりパートやアルバイトの労働時間のカット。首都圏だって厳しい状況。

私の家の2軒先のお宅の人は、市の給食センターで働いていたが、計画停電で給食がなく、

3月はほとんど働いていないと言っていた。

そんななかmayumiちゃんが、備蓄していた食料を私の家族にと分けてくれた。

わざわざ仕事後の寒い夜に、バイクで届けてくれた。パスタやパスタソース、お餅やおかしなど。

そんなに簡単に受け取れないと思ったけど、好意があまりにうれしくて素直に受け取った。

すぐに実家に送ると、実家の家族も喜んでくれてお礼のメールが来た。

それに仕事の時にお昼をご一緒していたhirumaさんは、空家を被災者の方々に貸し出したそうだ。

b0077251_1874228.jpg


人間の善意はきらきらと輝いて、小さな好意に心が温まる。

こうやって、少しずつ助け合いながら復興していけたらすばらしいと思う。

日本はまだまだ捨てたもんじゃないよね。行政の物事が進むスピードは遅いけど、

辛抱強くがんばらなくては。

桜の花の癒しのパワーが、被災地の方々にも届きますように。

b0077251_1861738.jpg

[PR]
by tomoknowsflower | 2011-04-10 14:52 | love


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧