Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ハーレーダビッドソンの世界

去年の資格試験の二日前、子どもの小学校の授業で社会見学があった。

資格試験の直前なのに!と思ったけど、グループではなく単独行動の子どもには付添いが必要。

学校を早退して、子どもと二人で社会見学に行った(涙)。

子どもが選んだのは、小学校の近くの「ハーレーダビッドソン、セントラル川口店」。

店内には今年のモデルのハーレーが約40台ぐらい並んでいる。

それに洋服やアクセサリー、帽子なんかの小物もあって、買ってしまいそうに・・。

若くてかわいい女性のスタッフ、清水さんが丁寧に対応してくれた。

たかだか(?)子どもの社会見学なのに・・・・・。恐縮することしきり。


初めて触れたハーレーダビッドソンの世界。今年で108年の歴史。

1903年アメリカ、ミルウォーキーで2人の若者がモーターサイクルの製作に取り組んでいた。

ウィリアム・S・ハーレーとアーサー・ダビッドソンは家が隣同士だった。

そこから二人の兄弟も巻き込んで、自宅のガレージで、エンジン作りが始まる・・・。

アメリカンドリーム、そのものだね、ハーレーダビッドソンの歴史って。



いろんな印刷物を頂いて、そのデザインのかっこよさに、広告物のかっこよさに、驚いた!

ハーレーはタンクのデザイン自体がかっこいいし、歴代の広告のデザインもすごくいいね。

b0077251_17533948.jpg


b0077251_180462.jpg


この広告は1920年代、工場を作って生産を始めたころのポスター、かっこいい。

b0077251_1813875.jpg


丁寧なバイクの説明にすっかり引き込まれ、マウスパッドまで頂いて、すっかりファンになってしまった。

b0077251_188826.jpg


子どもがバイクに乗るのはちょっと抵抗あるけど。

これ以上、趣味が増えたらどうなるんだろう・・・私。でも乗ってみたいという気持ちになった。

広大な景色の中のハーレーの写真、ポストカードを見ていると、

みなさんもちょっと、バイクで走ってみたくなるよね♪

ハーレーダビッドソンセントラル川口店のHPはこちら→http://www.hd-central.jp/top.shtml
[PR]
by tomoknowsflower | 2011-01-20 18:05 | love

年末年始のチョコレート日記

かねてから、周りに「チョコレートが好き」と話している私。

去年の年末にはいろんな差し入れを頂いた。

まずは、学校の先輩であるawaさんが、お手製のブラウニーを持ってきてくれた。感激!

b0077251_14392297.jpg


外はかりっとするサクサクの生地で、中のチョコレートがトロッと溶けてくる・・・(涙)。

その場で二つ食べてしまい、他の友人たちには手を伸ばす隙さえ、与えない。

こんなにおいしいブラウニーが、手作りなんて! しかもawaさんは男子なのよ・・・。

感激する私に後日、awaさんは紅茶のケーキを作ってきてくれた(またも感激!)。

レモンの香りのアールグレイの紅茶のケーキ。またも外はさくさく、中はもっちり♪

レモンとアールグレイの組み合わせが絶妙で、初めての味はまたもや涙モノ。

画像はなし、あっという間に食べてしまったから・・。awaさん、感謝!

それから仕事の時にランチをご一緒するhirumaさんから、六花亭の「雪やこんこ」。

六花亭はレーズンサンドがなによりファンだったけど、このホワイトチョコの「雪やこんこ」もおいしい。

b0077251_1731619.jpg


ココアの味のビスケットに挟まれた、ホワイトチョコレート。

ビスケットのココア味の甘さと、ちょっとの塩味、それにホワイトチョコレート・・・・。

すべてにおいて、計算されつくされている。なんだかもう、芸術品。

北海道は、てんさい糖がとれるからお菓子がおいしいと、akemiさんから聞いた。

お取り寄せリストに加えておこう。ちなみに生協でもたまに買えるのがうれしい。




クリスマスケーキは、去年は大きく外してしまった・・・。

b0077251_14434581.jpg


チキンとお寿司がセットのディズニーのクリスマスセットを注文(某取引先にて)。

そしたら、ケーキがなんとティラミス味・・・(別の意味で涙)。

しかもミッキーのチョコは子どもにとられてしまう。

しかし、チキンとお寿司はおいしかった。

b0077251_1446132.jpg



年末、家に遊びに来てくれたakemiさんから、「天使のチョコリング」の差し入れ。

デニッシュ生地のさくさくパンの中に、ビターチョコレートがたっぷり。

その中にところどころくるみが隠れていて、くるみにあたるとチョコレートのおいしさに、

さらにくるみのコクが加わって、やみつきになるおいしさ!すっかりファンになってしまった。

b0077251_14483198.jpg


大きさも量もかなりあるので、何日も楽しんで頂いた♪ akemiさん、感謝。

すっごく気に入った「天使のチョコリング」、HPはこちら→http://www.heart-bread.com/i-chocoring.html

お取り寄せもできるようなので、アクセスしてみてね♪

それから、akemiさんからこんなものも頂いた。

b0077251_1564715.jpg


キリンのビール工場のお土産だとか、「ビールゼリーチョコレート」。

いったいどんな味なんだろうと想像するけど、食べてみると意外に濃厚なビター味。

ビールゼリーの味がチョコレートの苦みとあいまって、食べ応えのある一粒なのだった。

チョコレートの世界は広い。こんなチョコもあるなんて。


最後にうれしーい、ヤマザキの「ふんわり」食パン、チョコレート味(期間限定)!

こんな食パンが朝食のテーブルにあるのなら、寒い朝でも元気に起きられそうだよね♪

バターをたっぷりぬると、チョコレートの甘い香りと味によくあって、

まさに満足なトーストになるのでした。

b0077251_1505030.jpg

[PR]
by tomoknowsflower | 2011-01-12 15:01 | chocolate

May we have, A Happy new year!

新年あけましておめでとうございます。そして、今年もよろしくお願いいたします。

あっという間に、新しい年の始まり。

b0077251_1321059.jpg


数年ぶりに実家に帰って、お正月を迎えられたことに、感謝。

大晦日の日は天気も崩れそうとの予報で、しかも東北新幹線は120%の混雑ぶり。

30日の夜からまったく眠らず、朝の5時に眠いとぐずる子どもを起こして、駅に向かう。

大晦日の始発の新幹線も、自由席は混みこみで、ようやく一つの席を見つけて子どもを抱えて座る。

東北の入り口、郡山あたりから降りる人がいたので、ようやく二人分の席を確保。

年末年始の移動は本当にハード。まあこれも親孝行と、子ども孝行、と自分を説得。

だけど、母親の作ったおせち料理には頭が下がる思い。自分ではとてもできない。

b0077251_13212177.jpg


新幹線の中で食べたチョコレート。meiji のマカダミアチョコレート「Melty kiss」仕立て。

寝不足で空腹の、疲れた体にしみた・・・・・涙。

去年も今年も、この「Melty kiss」シリーズには、助けられるよ~♪

b0077251_13235793.jpg


今年もチョコレートとともに♪
[PR]
by tomoknowsflower | 2011-01-02 13:14 | chocolate


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧