Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いつまでも、夏休みでいて

プールバッグだけ持って、学校へ歩いている小学生を見ると「ああ、夏休みなんだな」って思う。

すると、あのプールの塩素臭い水の匂いや、鼻に水が入った痛みが鮮やかに甦り、

もう何十年も経っている夏の記憶に、しばし、すっぽりと入り込む。

これだけ記憶が鮮明なのは、本当に楽しかったからなんだ。

「算数教室」や「水泳教室」、家庭訪問といった夏の特別課題を無事に終えた子どもを、

昨日私の実家に夏休みを過ごすため、連れて行った。



先日行った剣道合宿では、秩父の川で水遊びをして、私もすっごく楽しかった。

b0077251_13185292.jpg


川で泳いだり、おたまじゃくしを採ったり、スイカ割りをして、思いっきり感じる夏。

普段通りにただ仕事するだけよりも、こうやって過ごすと、より夏を濃く感じる。

私も小学生にもう一度戻っているようで、こういう時は、親になってよかったと思う瞬間。

小さい頃の夏は、家の庭にござをひいてテーブルを出し、家族で焼き肉をしたりしたっけ。

そういう時の両親は、記憶の中でもいい笑顔で、きっと親も楽しかったんだなって思う。

「いつまでも、夏休みでいて」って思ったけど、そうはいかないのが、大人になるとわかる。

どんなに楽しくても、二学期は来てしまう。だからこそ、夏は楽しい。




昨日別れる瞬間、子どもは「僕もママと一緒に東京に帰るよ~」と大泣きしていた。

たまには突き放し、離れて過ごすのも、お互いのためには愛。



しばらくお休みされていた占い師tina☆さんが、ブログ復帰なさいました。うれしい♪

清正の井戸や宮島の写真、パワーを感じます・・・。

見に行ってみて→http://lucygettingapple.blog27.fc2.com/
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-07-31 13:19 | love

GODIVA-BERGIAN DARK CHOCOLATE Ice cream

先日、メディアで働いていた時の大切な友人ayamiちゃんに、GODIVAの焼き菓子をプレゼント。

この時期限定の「ショコラオランジェケーキ」が入ったアソート。

久しぶりのGODIVAショップで夏のラインナップを見ていたら、ついアイスクリームに手が伸びる。

BERGIAN DARK CHOCOLATE Ice cream(ベルジアン ダークチョコレート アイスクリーム)。


b0077251_9322690.jpg


カカオの色そのままのような、ダークな色合いがうれしいアイスクリーム。

口に入れるとその瞬間は冷たいけど、そっと溶けて苦味のあるチョコレートが口一杯に広がり、

「これってチョコレートをそのまま凍らせてみたい・・・」といった感じ。

ソリッドバーのショコラをそのまま溶かしてクリームを加え、フローズンにしたような、

カカオとミルクの味が濃厚な、ビターチョコレートそのままの味とキメの細かさ。

チョコレートというよりは、ショコラ・ショーを、というべきかな。

ひとつ420円というお値段も、むしろ安いかも!と感じてしまう満足感。

甘くなくて、ちょっと苦味のある大人な味もよくって、さすがGODIVA。

b0077251_934736.jpg



そうか、この手があったのね!熱いコーヒーとチョコレートの組み合わせがちょっと暑過ぎの今、

チョコレートを味わうなら、アイスクリームということか♪

次は「ピエール・マルコリーニ」のアイスクリームにしよう。


プレゼントのアソート、この期間限定ショコラオランジェケーキが心憎い、さすがGODIVA。センスいい。

b0077251_9554685.jpg


ayamiちゃん遅くなってごめんね。


気が付いたら、家の前の百日紅(さるすべり)が満開になっていて、


b0077251_1002291.jpg



まさしく、夏本番。
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-07-20 09:40 | chocolate

忙しさの中に逃げ込まず、今を受け取ること

突然、「愛を受けとるべき、または愛で満たされるべき時が来た!」というメッセージが降りてきたが、

恥ずかしさと不安から、忙しさに逃げ込んでしまう。

毎日の多忙なスケジュールをただ、こなすことに集中して必死になる。

必死にならずには多忙なスケジュールをこなせないという思い込みから、毎日多忙なスケジュールを確認。

するとなぜか、ますます多忙になる、悪循環。

嵐が過ぎ去ってふと気付くと、周りにいる人はみんな後ろ姿ばかりだ。

必死でいる間、私は実は「誰とも繋がってはいなかったのだ」と気づく。

今まさにその入口にいて、二度と使わないと決めた「強い手札」を、

使いそうになっていた自分に気づく。

osho禅タロットを引いてみると、こんな答えが待っていた。



ウィ・アー・ザ・ワールド

地球のあらゆるところで数えきれないほど多くの多くの人びとが祝い、歌い、踊り、

歓喜に満ち、神性に酔っていたら、どんな地球規模の自殺も起こりえない。(中略)

生は創造するために、楽しむために、そして祝うためにあながたに与えられている。

涙を流して嘆いているとき、惨めなとき、あなたは孤独だ。

祝っているときは、全存在があなたと共に参加する。

祝祭のなかでのみ、私たちは究極なるもの、永遠なるものと出会う。

祝祭のなかでのみ、私たちは誕生と死の輪廻(りんね) を超える。


Osho I Celebrate Myself Chapter 4



解説: 人間性の共通した源、私たちの夢と望み、希望と恐れの共通した原点がわかると、

私たちはみな存在の大いなる奇跡でひとつに結ばれているのを見ることができます。

私たちみんなの手に入る、愛と智慧の宝を創りだすために、

私たちの途方もない内なる富をひとつに組み合わせることができたら、

私たちは永遠につづく創造の絶妙なパターンへと結び合わされます。



肩の力を抜いて、気を楽にしましょう。

必死になってただ消耗する機械を操っているのではないのだから。

osho禅タロットはこちら→http://www.osho.com/Main.cfm?Area=Magazine&Sub1Menu=Tarot&Sub2Menu=OshoZenTarot&Language=Japanese
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-07-17 11:12 | love

うれしいいただきもの、3種

6月から始まった学校も、ようやく一月が過ぎて、往復3時間の通学にも慣れてきた。

インテリアCADもVector worksとJw-cadの違いがわかるようになった。

一般的な図面をみると、Jw-cadのほうが多いようだ。

MacのillustraterのようなVector worksはいろいろできる分、よけい複雑。

むしろJw-cadのほうが、独特の操作方法だからか覚えやすいみたいで。

b0077251_1342255.jpg


mixiのVector worksのコミュを覗くと、初心者の質問コーナーに沢山書き込みされている。

やっぱりそれだけ難しいってことだよなー、と思った。

勉強会もあるので、参加するといいかもしれない。


そんななか、たまに子どもを預かって頂くhukumaさんから、おいしいふりかけを頂いたので、

実家から送られたお米でおにぎりを作って(5人分)、クラスのお友達といっしょにお昼に食べた。

すると、そのお返しにhiromiさんから「フェレロ」の「ロンノアール」のチョコレートを頂きました♪

「成城石井」大森店のスタッフ一押し商品だそうだ!

「ロンノアール」ー「さくっとしたウェハースに、ほろ苦いパ―ル・チョコレートとチョコクリーム入りプラリーン」とある。

b0077251_13521528.jpg


プラリーンとは、プラリネのことかな?たしかにへーぜルナッツの香りがして、おいしい!

このさくっとしたウェハースに、ナッツの組み合わせは、どこかで覚えが、って思ったら・・・

「フェレロ」はあの「ロシェ」のイタリアのチョコレートとお菓子メーカーだった。

http://www.ferrero.it/


さらに、wakanaねえさんからは、「ソイきなこさん」という、きな粉クッキーを頂く。

素朴な手書きのラベルがかわいい、きな粉の味そのままのクッキー。

b0077251_13573822.jpg


このきな粉が濃厚で、きな粉というよりは、ナッツのクッキーのようにおいしかった♪

こちらも、わかなさんいきつけスーパーの人気商品らしい。

http://www.takaoka-town.com/mp_review/ta013360/


宮城県人にとって、お米はタダみたいなものだ。もちろん実家でも買っているんだろうけど、

ほとんど物々交換的な感じだし、道路沿いのコイン精米で精米して送ってもらう。

お二人のお返しがうれしくって、またおにぎり持ってこなくちゃ、と思うのだった。

山口出身のhukumaさんからもらった「しそわかめふりかけ」(株式会社 エビス)。

ほんのりとしたしその香りが漂う、ゴマのプチプチがきいた、おいしいふりかけ。

b0077251_1425285.jpg


去年頂いた時はあまりにおいしくって、お取り寄せしようかと思ったほどだった。

hukumaさんにそれを言うと、「ウチではみんな食べ飽きている」と言っていた。

名産って、そんなものなんだな・・・・。私だって「仙台の笹かまぼこ」は食べ飽きている。

なんでこの世に、笹の形のかまぼこがなくてはならないのか、全然わからないほどだ。

余談だけど、仙台は最近「牛タン」が名産と言われているけど、ちょっと違う。

高校生の時にアメリカに一年留学していて、帰ってきたらいきなり牛タンが仙台名産になっていた。

一年も経たずに、いきなり名産になるのかな、ってすごく驚いた!

今年は帰省するので「牛タン笹かま」を買ってこようと思う。笹かまぼこの中に牛タンが入った、

仙台の名産、合わせわざ。
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-07-10 14:02 | chocolate


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧