Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

素敵な人の夢と妄想と、人間不信

昨日の夜明けごろの出来事・・・。

夢の中に俳優の堺雅人さんが登場していて、幸せな時間を過ごした。

夢から覚めつつある状態で「あー、目が覚めないで!」と思ったところで、無情にもしっかり目覚め。

どうして一度覚めてしまった夢の中には、もう二度と入れないんだろう・・・。

起きてからも、まだ夢の余韻が残っていて、返す返す堺さんを想うひととき・・。

携帯にも画像を保存し、幸せの後味を、またしても噛みしめる(堺さん、勝手にすいません・・・)。


しかし夢の中で私は、強い男性不信ぶりを発揮していて、まずい!と思った途端に目がさめた。

ちょっと人間不信が、最近またよく顔を出している。

堺さんの夢のメッセージはなにか?

今日、ぼんやりosho禅タロットを引いてみたら、人間不信に対するメッセージが出てきた。



36. 開花

--------------------------------------------------------------------------------


開花

禅は、あなたに生きることを望んでいる。豊かに生きること、全面的に生きること、強烈に生きること—

—キリスト教が望んでいるように最小限ではなく、最大限に、あふれ出るように——。

あなたの生は他の人たちに届かなければならない。あなたの至福、あなたの祝福、

あなたのエクスタシーは、種のようにあなたの内側に包み込まれたままではいけない。そ

れは花のように開き、その芳香をあらゆるものたちに広めるべきだ—

—―友人だけではなく、見知らぬ人たちにも。これがほんとうの慈悲だ、

これがほんとうの愛だ——自分の光明(エンライトンメント) を分かち合うこと、

彼方なるものの、あなたのダンスを分かち合うことだ。

Osho Christianity, the Deadliest Poison and Zen・ Chapter 5


解説:

「虹のクイーン」(カードの絵柄)は、その開花と色彩が極致に達したファンタスティックな

植物のようです。彼女はとてもセクシャルで、活き活きとし、可能性に満ちています。

愛の音楽に合わせて指をはじき、黄道十二宮のサインをかたどったネックレスを

“ヴィーナス”がハートの上にくるようにして掛けています。衣のたもとには種が

たくさん入っていて、風が吹くと播き散らされ、どこかに根を下ろすことでしょう。

その種が土の上に降りるのか、それとも岩の上なのか、彼女は気にしていません

——生と愛の純然たる祝祭から、その種をあらゆるところに広めているだけなのです。

上からは彼女自身の開花と協和して花が降り注ぎ、彼女が坐っている花の下では

感情の水が楽しげに渦を巻いています。まさに今、あらゆるところから祝福が降り注ぎ、

あなたは花園のように感じているはずです。蜂たちを迎え入れ、鳥たちを招待して、

あなたの甘露を飲ませてあげましょう。

分かち合うために、あなたの歓びをまわり中に広めましょう。

人はそれぞれの存在を、光の輝きのように、周りにまき散らし、あふれさせなければならないわけだ。

相手がどう思うかなんて、この際無視しよう(笑)。

周りがどう思うと、空気読めよ!と言われても気にしない♪ 陽気さを広げよう(笑)。

人間不信になるのは、見返りを求めていたからなのかも、と気づいた。

思わぬ夢に、思わぬ展開が待っていた(笑)。堺さんに感謝♪

それにしても、やはりoshoはすごすぎる。



osho禅タロットHPより、今月のさそり座。

生が、あなたの宗教的条件付けという偉大な殿堂の、注意深く築かれた

礎石への執着を取り除いています。

もしそれが起こるのを許したら、伝統の重みの下で迷子になっていた智慧を、

あなたは見つけるでしょう。人との関わり合いもまた、美しい鏡を与えてくれています。

「あなたによって直接知られないことは何であれ、知識だ。

あなたによって直接、直ちに知られることは何であれ、智慧だ」


Osho, The Ultimate Alchemy, Vol. 2, #17 より抜粋


osho禅タロット「ホロスコープ」はこちら
     ↓
http://www.osho.com/Main.cfm?Area=Magazine&Sub1Menu=Tarot&Sub2Menu=OshoZenTarot&Language=Japanese
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-05-28 14:43 | love

モウカザメ料理と美のパワー

今の家に引っ越して半年過ぎ。やっとこの間、お客様を呼びました。

お友達のchiakiさんは、お花のアレンジメントのプロ。今は事情があってお花から離れていて、元気ない。

chiakiさんに元気になってもらうべく、久しぶりにがんばって、料理を作った。

ちょっと前にテレビで見て、気になっていたのがサメの料理。

我が故郷の宮城県、とくに気仙沼は、ふかひれの大産地らしい。だが、サメ肉のおいしさは知られてない。

そこで、テレビ番組ではいろんな料理方法を紹介していた。とくにコラーゲンが多いらしいサメ肉。

この日はサメを軽く素揚げにして、シーフードやトマトと合わせ、アクアパッツア風にしてみた。

実家でとれたジャガイモを使って、オムレツ・ピザ風も作り、ポテトとキャベツのソテーも作って完成!!

おしゃべりしながら料理している間に、chiakiさんが持参のお花でアレンジメントを作ってくれた♪

食卓に一緒に並べて、いただきます!!

b0077251_13532285.jpg



モウカザメはあっさりしていて、ほとんど味がなく、肉厚の食感はかじきのよう。

まるで臭みもないので、「これってかじき?それともさわら?」と???の会話が楽しい。

かじきの食感で、しかもとってもやわらかく、食べやすいのだった。

サメと聞いてchiakiさんは驚いていたけど、ぜんぜんひいてなかったので、よかった♪

なによりコラーゲンが豊富なのだ。それにまさる理由なし!

アレンジメントのお花は(なぜかブライダルカラー)、次の日もきれいで、写真をとりながらパワーをもらう。

b0077251_140717.jpg



お花に携わる仕事をしながら、美のパワーをchiakiさんはもらっていたのだろう。

お花が部屋に在るだけで、そのまわりの空間が輝いてみえて、空気が浄化されたようだった。

chiakiさんが早く元気になって、お花の仕事に復帰できますように・・・・。
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-05-24 14:00 | foods

ミッシェル・ショーダン-「ショコラ・ショコラ」

先日は仕事仲間のchieちゃんと、銀座で待ち合わせ。早めに待ち合わせて、お茶に向かう私たち。

銀座はショコラ・マニアの私にとっては、まさに天国。お茶するカフェにはかなり迷った・・。

結局、松坂屋地下1階の「ミッシェル・ショーダン」に決めて、早速お茶するべく地下へ・・。

でもなんと松坂屋入口では、持っていくと割引など特典が受けられる、クーポンを配っているではないか!

銀座の百貨店入口でクーポンを渡されるなんて、驚き!

見るとカフェのロールケーキセットが500円に、とかベーカリーオークラのパンが10%オフ!など、

まるでスーパーのような、内容のクーポン・・・・。

「ミッシェル・ショーダン」の割引は特になかったので、それぞれケーキを選んで、コーヒーとのセットを注文。

このお店はカメラマン時代に取材して以来、ずっとショコラ・ショー(ホット・ショコラ・ラム酒入り、コート・フェルム)の大ファン。

でもさすがにこの日は、小雨の降るちょっと蒸し暑い日。ショコラ・ショーは次の機会に♪

b0077251_1239893.jpg




ショコラ・ショコラ、475円。ポットでサービスされるコーヒーとセットで1020円。

なんだかちょっと不満だったのよね、ケーキはぱさぱさして、しっとり感もなく、ガトーショコラの濃厚さもなく、

あれれ・・・?、という感じ。ミッシェル・ショーダンのケーキは初めてなので、期待してたのだけど。

なんだか入口で見たクーポンのせいか、やっぱり格式が落ちたように感じたのだった。

ベーカリーオークラのパンも見に行って、買おうかなと思ったのが、ホテルオークラのバターとパンのセット。

食パンなど3、4種類のパンと、ホテルオークラのバター、それから小瓶のジャムで1000円。

安いように感じたけど、それは百貨店の地下1階だから。冷静になると、本当に安いのだろうか・・・?


価格破壊と言われていて、近くのスーパーは低価格競争が激しいので、消費者の私はうれしい。

でも、食パン1つ(8枚入り)が100円以下で買える時代、物の価値と値段がわからなくなってしまう。

ショコラ・ショコラにちょっとだけ満足できなかったのは、味だけではなく、まわりの雰囲気もすべて値段のうちってことかな。

ショーケースのショコラ達やケーキ達も、以前のように輝いて見えなかった。

全体的に安っぽくなってしまったような、松坂屋地下1階。

外に出ると銀座はさすがに人が多い・・。でもよくよく会話に耳をすませると、ほとんど中国語だった!

わいわいおしゃべりしながら、買い物しまくっている様子。

日本はほんと、不景気なのだよね~。


ミッシェル・ショーダンのURLはこちら→http://www.michel-chaudun.jp/
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-05-24 12:57 | chocolate

表参道Felicita'

先日は寒い小雨の日だったけど、表参道でお友達と待ち合わせ。

時間早めに着いたので、まっすぐに明治神宮へ。明治神宮はいつ行っても、心が洗われるよう。

b0077251_9284295.jpg


この日は特別に、正面横にある二本の大樹が気になって願掛けをする。

b0077251_9294658.jpg


待ち合わせの友達hossoは、表参道で働くワーキング・ママ。なんと産休から復帰したばかり。

数少ない高校時代の同級生hossoは、この年になるとほとんど、幼なじみだ!!

お昼休みのhossoに、「Felichitaフェリチタ」に連れて行ってもらう。

お互いの子どもが2歳ぐらいの時に会ったのが最後だったから、本当にひさしぶりの再会。

同じ高校の同級生達、みんないいママになってる。近況の話に花が咲く。

オーダーしたのは、「コラーゲン入りまとう鯛とグリーンオリーブのパスタ・トマトソース」。

b0077251_9373042.jpg


ちょっと変わったお魚のパスタ。トマトソースはほんとあっさりで、ほとんど塩味。グリーンオリーブがきいてて、おいしい!! ハーブのフォッカッチャも、さくっとしていて、かつふわふわ・・・。

デザートもすてきで、「紅茶のムースとイチゴとキウイのアイスクリーム」。

b0077251_9393238.jpg


アイスクリームが、とってもキルシュがきいていて、おいしい! ランチにこんな本格デザートが食べれるなんて、感激♪


パスタもデザートもとってもおいしくて、静かなお店の雰囲気もよく、サービスもいきとどいていてよかった。

まさに一流レストランの、サービスランチ。コーヒーもついてたったの1200円、なんてすばらしい!

食事もおいしく、久しぶりに会った大切な友人と近況や、お互いの子育てのおしゃべりも楽しく、とっても幸せな気持ちになれたひととき。

正直hossoは、高校時代からぜんぜん変わっていなかった!!もちろんお互いに大人になったわけだけど、

年を重ねているわけだけど、あっという間に、十代に戻ったような感覚はほんとうに貴重。

若いころの素直さや純真さや誠実さ、年を重ねてからの分別や配慮。そういうものを合わせ持つって、なかなか難しいのに、hossoは兼ね備えていた。

見習うべき友人は、一緒にいて心地よい。そんな人物に、私もならなくちゃ。


b0077251_9505771.jpg


Felicitaフェリチタは、表参道駅から徒歩5分ほど。キルフェボンも近くにあります。

サイトも見てみてね♪→こちらhttp://www.felicita.co.jp/index.php
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-05-17 09:53 | foods


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧