Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

sweet, and bitter

b0077251_1248391.jpg

ものすごい勢いで恋に落ちてしまい、もう引き返すことはしないと決めた。

この葛藤は去年も味わったはずなのに、そして3ヶ月も戦った後、平穏な子どもとの日常に、やっと戻れたというのに。

同じ相手に二度恋に落ちれば、それなりに覚悟を決めなければ。


いつもなら全力疾走から次第にスピードを落とし、減速して恋の熱を冷ましながら、あたかも何もなかったように平静に戻ろうとするところ。

若い頃の、向こうみずな行動を後悔しての大人な態度。

自分の感情もどこかひとごとみたいで。

でも時間は経ち、少しは辛いことにも耐えられるエネルギーも、身に付けたかも。

例えば相手が結婚していても進んで行けるのか、その先を明るく見て優しく笑っていけるのか、アラフォー世代の葛藤はそれなりにあるわけで。

そんなわけで、昼間も仕事が手につかず、品番の数字を間違えたり、ファックスの送信時間を間違えたり、小さなミスを繰り返す。

でも周りに指摘されても、以前ならむきになって言い訳したり、言い返すところを、笑って謝れるのはさすがに大人の余裕かな。

恋にぼーっとしている分、妙に力が抜けていていい感じかも。


写真は鎧塚シェフプロデュースのロッテのブルーダー。

塩とコーヒーのチョコレートが、なんともいいコーヒーの後味で、コーヒーの豆が舌触りがよくて口に残り、すごく美味しい!

以外に塩とキャラメルは少しだけ物足りない味で、残念。

これぐらい甘さの後に苦味がきて嫌味じゃない、こんなチョコレートは新しい!

久しぶりに感動できたチョコレートです。おすすめ。
[PR]
by tomoknowsflower | 2009-01-30 12:48 | chocolate

MARIAGE FRERES, マルコ ポーロ

b0077251_12234482.jpg

 久しぶりに本格的に紅茶を淹れた。

温めたポットに自慢のティースプーンで、きっちり計った茶葉を入れる。

ぐらぐら煮たったお湯を一気に注ぎ、蓋をするとポットにカバーをして、またきっちり3分時間を計る。

リーフレットには「敬意をもって淹れるとき必ずお茶は答えてくれます。」とある。

本当にその通りだな、と思う。

紅茶だけはきっちりルールを守らないと、おいしいお茶は頂けない。

お友達のmayumiちゃんがくれたのは、クリスマス期間限定のビビッドな山吹色の缶入り。

いつもの黒い缶とは違って、スペシャルな雰囲気漂う。

マルコポーロ、甘い香りはさくらんぼのようで、いちごのようで、カシスないちじくのようでもあり、かすかに薔薇の香りもする。

飲むと体中が甘い香りに包まれて、まるで花とフルーツのお風呂に入っているようなイメージが広がる。

シンプルなロッテのガーナチョコレートと頂く、至福の時間。

フルーツのチョコレートとも合うだろうな。

リーフレットを見ると、「島々のバニラ」、「サクラインぺリアル」、ハイビスカスとモーブの香りの「エロス」、いちご、きいちご、すぐり、さくらんぼの香りの「フリュイ ルージュ」など魅惑的な紅茶の解説が並んでいる。

今まであまり知らなかったMARIAGE FRERESの世界。
久しぶりに紅茶の魅力に触れた。

通販はこちらから。
www.MARIAGEFRERE.COM
[PR]
by tomoknowsflower | 2009-01-04 12:23 | love

謹賀新年

b0077251_2394616.jpg

 生まれたての新年が始まりました。

おめでとうございます。そして、今年もよろしくお願い致します。

しばらくブログを更新してなかった。

だから読んで下さっている方は、お久しぶりです。

ブログを更新せずにしていたのは、子供の宿題をみたり、しっかり料理を作ったり、編み物したり・・・。

はじめの頃は、バソコンがなくて気がどうかなると思ったのに、慣れるとむしろ快適。

毎日を丁寧に過ごしている実感があった。

この正月は実家に帰らず、家でゆっくり過ごした。

2日には子供を連れてお友だちのmayumiちゃんの家に遊びに行った。

mayumiちゃんは手作りのクラフトを作る作家。

あいりちゃんの結婚式のコサージュも作って頂いた。

子供が眠った後に、二人で恋愛観を語り合う独身気分を満喫。

だけど恋愛話の中身は年齢を重ねた大人の世界観だ。

同じ年の二人は、以前はかくも簡単に恋愛が始まった昔を語り合う。

もう決して安易には恋愛が始まらない年齢になって思う。

あんなに簡単に始まっていた恋愛はどこか錯覚のようで、実は本当の恋愛ではなかったと思うこの頃。

mayumiちゃんよりマリアージュ・フルールの紅茶「マルコポーロ」をプレゼントされ感激。

本当にいい香りの紅茶「マルコポーロ」。

mayumiちゃん、感謝!
[PR]
by tomoknowsflower | 2009-01-03 23:09 | chocolate


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧