Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

明治神宮にて



 しとしと雨の日が続く6月。今日のようなしとしと雨の中、明治神宮に行ってみた。中に入るの

はなんと初めて。それまで原宿駅の明治神宮口のあたりはよく行っていたものの、なぜ一度も

中に入らなかったのだろう?

 参道から料金を払って庭園のほうに入り、菖蒲園や池を見に行く。菖蒲が有名らしく、たくさん

の人が入り口の係りの人に「菖蒲は満開ですか?」と聞いていた。

 この日はまだ咲き初めだったので人は少なく、庭園の美しさと、菖蒲の美しさを満喫できた。木

立がうっそうとしたあたりを抜けると、こんな美しい景色が!

b0077251_1085491.jpg


 とっても清らかな空気が満ちていて、ここが東京とは思えないくらいだった。というよりも、現世

とは思えないくらい、なんだかこの世のものではないような、浄土の空気がそこにはあった。

 輝くように透明感のある空気は「美」のエネルギーでいっぱいだった。目を閉じると立派な

衣装を身に着けた、平安時代の公家たちが、優しい表情で菖蒲の池を見ている様子が目に浮

かんだ。

b0077251_10104640.jpg


 菖蒲は思わず写真を撮らずにはいられない、気高さと美しさ。写真を撮りながら、菖蒲の放つ

美しいエネルギーをもらった。すばらしい力だった。思わず感動したほど。

b0077251_10112695.jpg


 こうやって美しいものの写真を撮りながら、エネルギーを頂いていたんだと気がついた。写真

やアート、テキスタイルに関わる仕事はやっぱり意味があったんだと、改めて強く感じた。

 

 その後、前に本で読んだ「清正の井戸」に行ってみる。本では明治神宮でとても「気」が強いス

ポットの一つと書いてあった。再びうっそうと木々が茂った庭園の奥にある。すこし暗くてちょっと

怖い。でも井戸の泉の中をを見ていると、こんこんと清水が湧き出ているのがわかる。

 泉から流れる、水のせせらぎがなんとも美しくて、清らかな音。水にもその奏でる音にもエネ

ルギーがあった。「愛」のメッセージが伝わってくる。水の中に手を入れて、しばし悠久の時の流

れと愛を受け取った。

 その後、明治神宮に参拝。クリスチャンの人の中には神社にお参りしない人も多いのだろう。

でも私は清らかなエネルギーのある神社に行くのが好き。そのエネルギーに癒されるから。

b0077251_1021213.jpg


 最後に写真を撮ろうと振り返って、東京に住んでもう20年近くになるのに、なぜ今まで一度も

来なかったんだろう、そしてなぜ、今日ふと思いたったんだろうと考えた。メッセージが降りてき

て、それは「本来の使命と目的を忘れることのないように」だった。

 入り口のところにあるレストランでお昼ご飯を食べる。「原宿セット」1050円。とってもおいしく

て大満足だった。

b0077251_10235153.jpg



 大好きなTina☆さんが「清正の井戸」のことが書かれたURLを教えてくれた。見てみてね。
こちら→http://www.meijijingu.or.jp/midokoro/3.html
[PR]
by tomoknowsflower | 2008-06-26 10:14 | love

ユニクロ、タグ・ホイヤー、ローラ・アシュレイの表参道

 先日の休み、美容院に向かって久しぶりに原宿に行ったら、なんと美容院の予約がと

れず・・・。意外な展開にしばらく表参道沿いのカフェで一休み。

 以前から原宿、特に明治神宮口から表参道、246までの間が大好きでよく散策していたの

に。最近はずっと来てなかった。この日はなぜか雨で湿った新緑の香りが嗅ぎたかった。

 久しぶりの表参道はやっぱり素敵。明治通りの交差点のユニクロにびっくり。あしたのジョー、

うる星やつらのラムちゃん。走る電光掲示板のサイン。超近代的なコンビニのようなお店の中

は、スタバのタンブラーのような筒のなかにT-シャツが入って整然と並んでいる。キャラクター

はみんな懐かしいコミックの主人公。タッチ、巨人の星などのT-シャツが並んでいて驚き!

b0077251_06492.jpg



 そのあとはタグ・ホイヤー。この素敵なディスプレイは新作の展示! 見ながらどうしても今年

は南の島に行くぞ!と心に誓う。

b0077251_072073.jpg


b0077251_081814.jpg



 そして、クエストビルのローラ・アシュレイ。インテリア好きにはたまらないショップ。新作も展示

されていて、しばらくどっぷりローラ・アシュレイの世界に浸った。

b0077251_014157.jpg



 そのあとに明治神宮に行ったのだけど、それは別に書くことにします。感じたのは美的なエネ

ルギーの強さ。なにせ、表参道は単なる地名ではなくって、明治神宮の参道なのだよね。それ

を強く感じて、エネルギーを吸収した。

 メッセージが降りてきて、それは「本来の使命を思い出しなさい。」ということだった。

 もう一つ、私の尊敬するTina☆さんのホームページの今月の言葉。
http://www.h5.dion.ne.jp/~tina/sub4.html

 あなたは、生をその深みから高みまで、すべての次元にわたって見る機会を与えられていま

す。それらはともに存在し、闇と困難なことは光と楽なことと同じくらい必要なのだ、ということが

体験からわかるようになったとき、世界を見る私たちの視野はまったく違ってきます。【Osho

tarot 新しいビジョン】


 美しいことやすばらしいものを知る為には、それとまったく逆のものを知る必要があるというこ

となのだと思う。まさしく今必要としている言葉がタイムリーに現れて、まっすぐに心に届いた。






 
 
[PR]
by tomoknowsflower | 2008-06-09 00:10 | beauty

ピンホールカメラの写真

 先日の「親子ピンホールカメラ教室」で撮った写真が、川口駅前キュポラ7Fのメディアセブ

ン、入り口にて展示された。

b0077251_229657.jpg


 そもそもこのメディアセブンという施設、映画の上映アリ、写真講座あり、パソコン(画像処理)

講座あり、テルミン体験講座ありのすばらしさ。HP見てみて

→http://www.mediaseven.jp/open/web/toppage.jsf

 カメラを持って川口を歩き、写真を自由に撮ってみる「55カワグチ」なんて企画があったり、ど

うも写真好きにはいい施設なのです。写真公募展「川口百景」なんて企画もあり。

 さて、久しぶりに写真の楽しさに目覚めたピンホールカメラに感謝!作品が展示されてるのを

見て、なんだかまた久々にうれしさを感じたり・・・。子どもの作品もあります。

b0077251_2295091.jpg


 ピンホールカメラは計算しない方が意外性があっておもしろかったよう。地面に置いて真上を

撮った写真とか、わざとブレるのを計算して人物を記念撮影した写真なんかが、いい味だして

た。ゆるく微妙にピントが遠く見える写真が味がある。私なんかなまじ写真を知っている分、失敗

がなく、なのでつまらない作品だった。

 写真って以前は経験がすべて、みたいに思い込んでた。自由さがなかったな私って。実は本

当に写真って自由な、自由な遊びだったんだと、まじめに取り組みすぎた(?)昔を知った。
[PR]
by tomoknowsflower | 2008-06-01 02:30 | love

流れまかせ

 すごく意気込んでいたプロジェクトがあっけなく終わってしまい、今だ終わったことの実感もわ

かない。初めの頃は朝5時台に毎日起きての力の入れ様だったのに、なんて簡単に終わってし

まったのかしらん。

 そもそもすべてにおいて、力を入れ過ぎなんだと自分でも思うけど、熱中することが好きなの

で、つい真剣勝負になってしまうのだった。あっけなく終わったことはひとまず流して、日常に立

ち返り、そしてまた思うになんだか流れにのって行くしかなさそう。時にはこんなこともあるんだ

な、ただ流れにまかせることも。

b0077251_2221841.jpg


 力を入れるといえば、子どもが剣道を習いたいというので大金かけて始めたのはいいけど、早

速いやになっているらしく、毎回行こうとするたびに「いやだ、もう行きたくない」を連発されるので

めげてしまう。私も勧められて始めたのだけど、剣道は結構難しくて毎回行くのにガッツがいる。

めんどくさくなる、子どもの気持ちもわかる。疲れているときにはしんどいもの。

 習い事も自分のことを省みると、あまりにも厳しく親にさせられたものにはトラウマが残ってい

て、もう好きではなくなっている。音楽などそもそも楽しいもののはずなのに、そう思えないのは

いやいややっていたから。でも何事も思うようにできるまでは、つらいことも多い。その辺を親が

どう考えるか、そこが判断の分かれるところ。

 試合に勝ったり、舞台にたったりすれば子どもも自発的に意欲がわくのかも。それまではたま

には休ませたりもしながら、あまり力まずにやってみさせるのがいい。芸事で食べていく道を進

ませるならば別だけど。

 いろいろやらせるのもいいんだろうけど、そこまで親も経済力と時間が追いつかない。親もいろ

いろ迷うんだね、迷いながら悩みながらみんな子どもを育てている。

 悩みといえば最近しみじみ感じること・・・子どもが小学生のうちは(少なくとも小学校3年生ま

では)夕方18時半までに迎えに行かなければならない。そんな時間に終われる仕事って・・・・・

何?。パートかアルバイトしかないのでは?正社員でも中身の濃い仕事はなかなか難しいので

は?最近またフリーも戻ろうかと思う、この頃。
 
[PR]
by tomoknowsflower | 2008-06-01 02:22


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧