Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

図書館にて

 ずっと風邪で具合が悪く、今日はしょうが湯を飲み、すりおろししょうが入りのお風呂に入った。ここまで具合が悪くなるとチャングムの教えを守るしかない。ある意味体から毒素が出ているデドックスなんだろう。一つの仕事が終わろうとしていて、まさに毒抜き。半年間よく耐えた、と自分でも思う。11月から新しい仕事が始まるんだけど、見通しは明るい。がんばったかいはあったというもの。
 先日、mixi友達の黒田チャーミーさんと銀座のカフェで、「東京にいる意味ってなんだろうね」って話になった。写真や文章で広告や雑誌の仕事をしたくて、大学に入って東京に来たわけで・・・。子ども優先のためとはいえ、少し遠ざかってインテリアの勉強をしている今、「東京にいる意味はないな」とも思ったりもした。でも最近は「そうでもないかも」と思っている。そもそも意味を求めることさえも、究極には無意味なんだ。
 まだ具合がよかった火曜日、図書館に行って本を探した。探した本はTinaさんのブログにある「エンジェルヒーリング」で、この本はなかったけど山ほど読みたい本があったので借りる。それから映画「デボラ・ウィンガーを探して」のビデオがあったので、これも借りた。この映画は「グラン・ブルー」のロザンヌ・アークエットが監督の異色のドキュメンタリー映画。メグ・ライアン、ロビン・ライト・ペン、ダイアン・レイン、ジェーン・フォンダ、グイネス・パルトロウ、シャロン・ストーン、といったそうそうたるハリウッド女優達にインタビューしている。女優たちは自分の仕事と子育て、子どもとの関係をやっぱりそれぞれに考えて、悩んだりしたのがわかっておもしろい。子育てしながら働くお母さんには、ぜひおすすめしたい映画。

b0077251_0242175.jpg


 借りてきた本は、「神との対話」(サンマーク出版)ニール・ドナルド・ウォッシュ著
「人生を幸せへと導く13の習慣」(総合法令)ベンジャミン・フランクリン著
「3週間続ければ人生が変わる」(海竜社)ロビン・シャーマ著
それからいつかは読まなければと思っていた、ナポレオン・ヒル著「ゴールデン・ルール」。
なんでこんな成功哲学の本ばかり(神との対話はちょっと違うけど)読むのかというと、そろそろやる気が出てきたわけ。以前は「子ども優先だから今は仕方がない」と自分を納得させるしかなかったけど、もうそうではないと思っている。成功したいと真剣に考えているのだ。おっと、言葉が世界を作るのだから、これではいけない。言うならば「人生に必ず成功を創ります」だね。
 吹き抜けのあるこの図書館は、最寄駅から直結の駅ビルのなかにあって、しかも夜遅くまで開いている。気持ちいい吹き抜けのところで、雑誌も新聞も読み放題、のすばらしさ。
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-10-27 00:43 | books

銀座の新しい表情、有楽町イトシア

 占い師Tinaさんのブログで紹介されていて興味があったので、行って来ました有楽町イトシア。ここは昔、古い建築様式の建物があったような・・・。とても洗練されていて、おしゃれなショッピングセンターになっていました。
 その中の丸井は「ここが、丸井?」と思うほど、ダークな内装やディスプレイが大人っぽくて、シックな感じ。これからの必須アイテム、秋冬物のファーのマフラーやブーツ、バッグが並んでいて「これが時代が求める先端か!」と納得させられるセンスのよさ。
 特に1、2階はいつもの丸井のターゲット層とはあきらかに違う、銀座の大人の女性を意識している。20代でも職業を持ち、美意識が高く、収入の高い女性がターゲット。すごく混んでいる客層を見ると、30代、40代、50代の女性もいる! 以外に母と娘で来てもいいところだね。
 Tinaさんのブログにあった4Fの「Franc Franc」へ。さすがに3階から上になると「コギャル御用達」っぽいショップもならんでいる。「Franc Franc」はアロマキャンドル、アロマフラワー、エッセンスのびん、薔薇のポプリ、バスタイム用のリネンなど、私好みのものが並んでいて・・。あー、思わず買ってしまいそうに! でもあまりの激混み(平日の夕方なのにこの人出、多すぎ)レジに並んでいるうちに、買うのをやめてしまった。特にこのランプシェードからさげるアクセサリーがかわいいよね。今度は平日の昼間にでもゆっくりいってみたい。X'masのお買い物にもいいよね。ぜひ、X'masプレゼントを探しに、行ってみて。

b0077251_1395577.jpg

[PR]
by tomoknowsflower | 2007-10-26 01:41 | beauty

風の谷のあの人と結婚する方法を教えて下さい (2)

 元格闘家、須藤元気さんの著作「風の谷のあの人と結婚する方法」(ベースボールマガジン社)は、私の中では間違いなく2007年度のベスト本。その続編「神はテーブルクロス」(幻冬舎)はちょっとスピード感がゆっくりだけど、それでもこの2冊はべスト本賞間違いなし。
内容は「学びについて」、
「与えれば、得られる」、
「発言した言葉のエネルギーは波紋のように広がり、やがては自分に返ってくる」、
「イン・ラケチー私はもうひとりのあなた自身である」、
「We are all one,---私たちはすべてひとつである」など。
 まわりの大切な友人達にはおすすめしている。だけどある知り合いのお子さんにはプレゼントしよう。だってその男の子はまだ高校生だから。ほかの方は買って下さい!

b0077251_0134914.jpg


 yahooのフロントページに須藤元気さんのライブトークがあるのを見つけて、早速見ようとするがLANカード接続が環境不安定で見れず・・・・・残念。見れる方はぜひ見て見て。こちらより。私も誰かの家で見たい。
 そうこうするうちに須藤元気さんのオフィシャルサイト「WE ARE ALL ONE」を見つけた。すごい、ブログが読める!でもひとつの日記に100件を超えるコメントが寄せられている。人気すご過ぎ・・・。
 新しい著作「レボリューション」(講談社)は、うまく買うとサイン本が当たるかもしれないよ。私も応募してみます。インタビューも読めるので、こちらから。ぜひ読んでみてください。

 私は格闘技に興味がないので現役時代の格闘家・須藤元気を知らない。著作本は書店で立ち読みしただけですぐ引き込まれたけど、こんなにカッコいい人だったんだね! 
知らなかった・・・・・(涙)。
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-10-17 23:08 | books

めざせ! 癒し系なごみキャラのサイキック!

 コーチングのクラスで一緒だったMakotoくんに「知花さんのパワフルな状態ってどういう状態ですか?」と聞かれ、「いい信頼関係のある状態です。」と答えた。どこかに曖昧さがあったり、ごまかしや嘘のある関係は、自然と感情に無理が出てくる。表面的には気付いていなくても、潜在意識は知っていて信号を送っているんだろう。
 Tinaさんのブログを読んで思ったけど、やっぱり透視ができたり、霊能力があったらいいな、って思う。でも自分のことは見えにくいらしいから、同じか・・・。でももう少し直感力を身に着けたい。普段から癒し系のなごみキャラになるべくがんばっているので、そんなキャラのサイキック(霊能力者)になれたらほんと、パワフルだよー。それこそ最高にパワフルな状態!

b0077251_23202778.jpg


 そこでもう少し波動とか、エネルギーとか感じられるようになるためにベジタリアンになろうかと考えてみた。でもフライドチキンとチョコレート、コーヒーが主食の私に、少し無理がないか・・・。 でも今日の夕食は野菜いっぱいのスープを作るべく買い物に行く。でも誘惑にまけて鳥肉も買ってしまう。さらに子どもが麻婆豆腐が食べたいというので、それならいいかと麻婆豆腐の素も買ってくる。でも作ってみるとすでに入っているじゃないの!ひき肉が・・・。
 なんだか遠いサイキックへの道・・・。でもがんばろう、少しずつ。やっぱり買おうかなアムウェイの浄水器。やっぱり水は大切だものね。
 
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-10-05 23:06 | love

FBI捜査官への道-Tina drops tripより

 あまりにも、おもしろい話なのでご紹介したい。
 占い師のTinaさんのブログより、「FBI捜査官への道」。読んでしばらく、笑ってはいけない話なのかもしれないけど、私は笑いがとまらなかった。みなさんもぜひ読んでね。
 それからTinaさんの10月の占いもアップされています。ぜひ見てみてね。

 みなさんが愛と光に包まれますように。


b0077251_2228070.jpg

[PR]
by tomoknowsflower | 2007-10-05 07:40 | love

THE FETISH PARTY, 100% Ple'nitude


b0077251_20544586.jpg

 
 ピエール・エルメ・パリ青山THE FETISH PARTY、第7回の「100%Ple'nitude(プレニチュード)」に行ってきました。キャラメルと塩味がきいたチョコレートの世界はうーん、濃厚で、おしゃれで、いくらでも食べられるほど美味しかったです。
 スティックのついた「Mr, H (ミスターアッシュ)」や、かわいいドーム型のチョコレートのなかになめらかなチョコレートクリームの入った「PH3」など・・・。PARTYでしか味わえないチョコレートがいっぱい・・。ニコラ・フィアットのロゼシャンパンと一緒に頂きました。途中シェフのデモンストレーションもあり、キャラメルかけミルフィーユのチョコレートクリーム添えなんか、温かいままでサービスされて!ひたすら食べながらも、味わいつつ・・・。

b0077251_211726.jpg


 独特の味わいをもった「プレニチュード」の世界。塩味のきいたチョコレートとキャラメルの組み合わせ、もう大大大ファンになりました。9月30日よりピエール・エルメ各店に登場しています。青山店2階の「Chocolate Bar」でも楽しめますよ。ぜひ行ってみて。
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-10-04 21:04 | PIERRE HERME'

PIERRE HERME' PARIS  ピエール・エルメ・パリ青山(3)

「バラとライチとフランボワーズ、この味覚の組み合わせは私の作品の中で一番魅力的なものの一つです。」

とピエール・エルメ氏自身が語るように、ISPAHAN「イスパハン」はこれまでピエール・エルメ氏が発表してきたプチガトーの中でも圧倒的な存在感を誇るそうだ。

それもそのはず、ローズのマカロン、フレッシュなフランボワーズ、マカロンにサンドされているのは、

ローズの香りのクリーム、それにライチ・・・。ばらの花びらにはひとしずくの水滴・・。

b0077251_0354895.jpg


ローズのマカロンとクリームを一口食べただけで、体中からローズの香りがするようだった。

すっぱいフランボワーズを食べて、もう一口ライチとクリームをほおばれば、

まるで薔薇の花びらいっぱいのお風呂に入って、クリスタルの器からライチをとって食べているような錯覚に・・。

チョコレートやチョコレートケーキもおいしかったけど、このISPAHAN「イスパハン」には虜になってしまった。

これは本当に今まで食べたケーキの中で、最高傑作。

さらにこのあと「100% Plenitude・プレニチュード」のTHE FETISH PARTYに参加して、

すっかりエルメ氏のファンになる。この味の繊細さは魔法のようだね。

でも私の中での今まで一番「La maison du chocolate」ラ・メゾン・ドゥ・ショコラは、

チョコレートではやっぱり勝っているな。

ピエール・エルメ氏は14歳でガストン・ルノートルに弟子入り、20歳でフォーションのシェフ・パティシェに。

独特の風味や感触、温度のコンビネーションで新しい感動を生み出す・・・。

ISPAHAN「イスパハン」、あまりにも美しいので撮影にも力が入ってしまうのだった。

b0077251_17236.jpg

[PR]
by tomoknowsflower | 2007-10-02 00:58 | PIERRE HERME'


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧