Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:foods( 12 )

東京一日散歩

節分も過ぎたのに、お参りにも行っていなかったから、

先日、寒さがまだ続くうす曇りの中、都内にお参りに行く。

まずは明治神宮へ。

b0077251_16413754.jpg


やはり寒いとはいえ、人が多い。お参りして、お札を買い、

クリアな空気に触れて気持ちが少し、透明になった気分。

b0077251_16424952.jpg


そのあと、西永福にある大宮八幡にもお参りする。

ここは、以前近くに住んでいたことがあり、子どもがお宮参りをした神社でもある。

七五三もここの神社でさせて頂いた。まるで子どもの守護神社のように思っている。

b0077251_164533.jpg


境内は静かで、荘厳な雰囲気がするのは明治神宮とは変わらないが、流れる空気はちょっと違う。

ちょっとした野性と荒々しさと、霊気が漂うように感じるのは私だけかな。

近くに住んでいるときにも、ときどきざわざわと心が揺れた。

寒い中にも梅が咲き始めていて、ああ、もう少ししたら春なんだって自分に言い聞かせる。

b0077251_16495124.jpg


長々と仕事で辛いことがあったけど、たどる道筋は理想的ではなかったけど、

結局は最近、解決された。決着するのにひと月近くかかったけど、行き着いてみると、

こうなってよかったんだ、というところに落ち着きそうだ。

他の人から見たら、ひどい展開じゃない? と思うようなことでも、自分にとって良かったのなら、

それが最良の道だと思う。

地下鉄から井の頭線に乗り換えの駅、明大前のホームに「Soup Stock Tokyo」ができていて、

(私が引っ越した時には工事中だったのだ)誘惑に勝てずに入り、ランチをする。

チキンカレーと鶏のポタージュ、ホットレモネードのセットで1100円は安い。

b0077251_16563651.jpg


さんざんスープをオマール海老のビスクと迷ったが、鶏のポタージュに決めた。

鶏のひき肉とみじん切りの野菜、それがまったりした生クリームたっぷりのベースに良く合う。

ホットレモネードもレモンの酸味がすっきりとおいしくって、疲れた胃に、体にしみた。

思わず春をイメージするお花を見ながら、ホームなのに妙にしずかで落ち着いて食事ができた。

こんなひとりの時間もまた久しぶり。

b0077251_1764317.jpg


Soup Stock TokyoのHPはこちら→http://www.soup-stock-tokyo.com/


もうすぐ春が来るんだ、と自分を励ます。

「こうなってよかったんだ」と思えるのは特技なのか、現実離れしているのか、

でもそれが真実なのだ。

食べて、祈って、つぎは愛のはずだけど・・・・。
[PR]
by tomoknowsflower | 2012-03-24 17:07 | foods

東京スカイツリー

昨日、東京スカイツリーに行ってきました。

まだ建築中、2012年春に竣工予定。現在は408メートル!!

業平橋から見ると、川沿いにそびえるスカイツリーは想像を超えて高かった。

下から見上げるスカイツリー。右に左に揺れている。

雲が動いているのでその錯覚かな?と思ったけど、そうではない。

確かに揺れているのだった。


b0077251_11412289.jpg



あんな上で作業している人は、どんなだろう?

と想像するも高所恐怖症の私には、とんでもない。

せめて事故や怪我がないように、祈るばかり・・・。

施工会社のところには、大手ゼネコンや建築会社の名前が並ぶ。ものすごい仕事だね、これは・・。

壮大なスケールの、人間たちの仕事。関われた人はきっと幸せだろうな。


完成したら一日ごとに変わる予定の、夜のライトアップ。テーマは「粋」と「雅」。

日本の美を表現するらしい。オールLEDのライトアップ。

近くに住む人は幸せ。川口の私の部屋からも見えるかもしれない、もしかして・・・。

スカイツリーのインフォメーションはこちら。

http://www.tokyo-skytree.jp/

業平橋近くの蕎麦屋さん「上むら」でみんなでお昼を食べる。

「スカイツリー丼」1800円がすごいボリュームで、びっくり!

かき揚げの上に三匹のえび天、それを裏からどんぶりのふたが支える。

「取り皿ください」と言うと、「それで」と言ってどんぶりのふたを指される。

b0077251_11495447.jpg




でもこのお店、そばもおいしかった!! そば湯も最高にうまい♪

なにを食べてもおいしい繁盛店「上むら」、おすすめです。

さらにうれしかったのは、食事の後に、

一人だけいた男性がなんと、みんなの分をご馳走してくれたの!

女性5人分のお会計(1800円のスカイツリー丼も含む)、

それもさらっと粋に、みんなの分をまとめてのお会計に、ぐっと来た!

今まであんまり接点がなかった人だけど、そのカッコよさにびっくり・・・。

男性の魅力って経済力だけでは決してないと、今まで思っていたけど、

カッコよさを表現できる経済力も、たまには必要ってことか・・・。


b0077251_1146257.jpg



帰りにauショップに寄ったら、PCのような携帯01が発売になっていて、

しかも8月末までは「デビュー割」があるのを知って、速攻予約。

これがあれば、どこでも日記やブログが更新できるわけで、

ツイッター全盛の今に対応できるわけだ。

ダライ・ラマ師までもがやっている、ツイッター。

世界に発信するのは、自ら得た光明を人に伝えたいからにほかならない。

世界とどうかかわるか、宗教家じゃなくても発信するのは、 誰でも自由だ。

igaちゃん、画像をサンキュー
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-08-12 11:47 | foods

モウカザメ料理と美のパワー

今の家に引っ越して半年過ぎ。やっとこの間、お客様を呼びました。

お友達のchiakiさんは、お花のアレンジメントのプロ。今は事情があってお花から離れていて、元気ない。

chiakiさんに元気になってもらうべく、久しぶりにがんばって、料理を作った。

ちょっと前にテレビで見て、気になっていたのがサメの料理。

我が故郷の宮城県、とくに気仙沼は、ふかひれの大産地らしい。だが、サメ肉のおいしさは知られてない。

そこで、テレビ番組ではいろんな料理方法を紹介していた。とくにコラーゲンが多いらしいサメ肉。

この日はサメを軽く素揚げにして、シーフードやトマトと合わせ、アクアパッツア風にしてみた。

実家でとれたジャガイモを使って、オムレツ・ピザ風も作り、ポテトとキャベツのソテーも作って完成!!

おしゃべりしながら料理している間に、chiakiさんが持参のお花でアレンジメントを作ってくれた♪

食卓に一緒に並べて、いただきます!!

b0077251_13532285.jpg



モウカザメはあっさりしていて、ほとんど味がなく、肉厚の食感はかじきのよう。

まるで臭みもないので、「これってかじき?それともさわら?」と???の会話が楽しい。

かじきの食感で、しかもとってもやわらかく、食べやすいのだった。

サメと聞いてchiakiさんは驚いていたけど、ぜんぜんひいてなかったので、よかった♪

なによりコラーゲンが豊富なのだ。それにまさる理由なし!

アレンジメントのお花は(なぜかブライダルカラー)、次の日もきれいで、写真をとりながらパワーをもらう。

b0077251_140717.jpg



お花に携わる仕事をしながら、美のパワーをchiakiさんはもらっていたのだろう。

お花が部屋に在るだけで、そのまわりの空間が輝いてみえて、空気が浄化されたようだった。

chiakiさんが早く元気になって、お花の仕事に復帰できますように・・・・。
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-05-24 14:00 | foods

表参道Felicita'

先日は寒い小雨の日だったけど、表参道でお友達と待ち合わせ。

時間早めに着いたので、まっすぐに明治神宮へ。明治神宮はいつ行っても、心が洗われるよう。

b0077251_9284295.jpg


この日は特別に、正面横にある二本の大樹が気になって願掛けをする。

b0077251_9294658.jpg


待ち合わせの友達hossoは、表参道で働くワーキング・ママ。なんと産休から復帰したばかり。

数少ない高校時代の同級生hossoは、この年になるとほとんど、幼なじみだ!!

お昼休みのhossoに、「Felichitaフェリチタ」に連れて行ってもらう。

お互いの子どもが2歳ぐらいの時に会ったのが最後だったから、本当にひさしぶりの再会。

同じ高校の同級生達、みんないいママになってる。近況の話に花が咲く。

オーダーしたのは、「コラーゲン入りまとう鯛とグリーンオリーブのパスタ・トマトソース」。

b0077251_9373042.jpg


ちょっと変わったお魚のパスタ。トマトソースはほんとあっさりで、ほとんど塩味。グリーンオリーブがきいてて、おいしい!! ハーブのフォッカッチャも、さくっとしていて、かつふわふわ・・・。

デザートもすてきで、「紅茶のムースとイチゴとキウイのアイスクリーム」。

b0077251_9393238.jpg


アイスクリームが、とってもキルシュがきいていて、おいしい! ランチにこんな本格デザートが食べれるなんて、感激♪


パスタもデザートもとってもおいしくて、静かなお店の雰囲気もよく、サービスもいきとどいていてよかった。

まさに一流レストランの、サービスランチ。コーヒーもついてたったの1200円、なんてすばらしい!

食事もおいしく、久しぶりに会った大切な友人と近況や、お互いの子育てのおしゃべりも楽しく、とっても幸せな気持ちになれたひととき。

正直hossoは、高校時代からぜんぜん変わっていなかった!!もちろんお互いに大人になったわけだけど、

年を重ねているわけだけど、あっという間に、十代に戻ったような感覚はほんとうに貴重。

若いころの素直さや純真さや誠実さ、年を重ねてからの分別や配慮。そういうものを合わせ持つって、なかなか難しいのに、hossoは兼ね備えていた。

見習うべき友人は、一緒にいて心地よい。そんな人物に、私もならなくちゃ。


b0077251_9505771.jpg


Felicitaフェリチタは、表参道駅から徒歩5分ほど。キルフェボンも近くにあります。

サイトも見てみてね♪→こちらhttp://www.felicita.co.jp/index.php
[PR]
by tomoknowsflower | 2010-05-17 09:53 | foods

「alpino 」―フランス料理 アルピーノ

 このブログにも時々遊びに来てくださる著名なN先生が、ランチに連れて行って下さいました。

さいたま新都心駅から徒歩10分ほど、フランス料理「alpino」。もう、すばらしいお料理でした。

先生がランチタイムにディナーのフルコースをご予約下さったので、ワインから、お料理、チー

ズ、デセール、最後のコーヒーまで、美食に酔うひとときでした。

まず先生のおすすめ、貴腐ワイン「CHATEAU DAUPHINE RONDILLON,LOUPIAC」。
濃厚な甘さに、フルーティな蜂蜜の香り。
b0077251_23394729.jpg



前菜一品目は、とうもろこしのヴルーテと甲殻類のジュレ、本ずわい蟹添え、カプチーノ風。
b0077251_2343361.jpg

とうもろこしのふんわりしたスープの中に、ジュレとずわい蟹が入っているのだけど、
このジュレがおいしい!


二品目、あわびとフォワグラと緑レンズ豆のガトー仕立て、手長海老となすのピュレ。
b0077251_23462398.jpg

あわびにフォアグラだよー、なんていう組み合わせ!もう、このへんですでにうっとり・・・。



三品目、ほのかに温かい自家製スモークサーモン、温泉卵のトリュフ風味。
b0077251_23484798.jpg

この自家製スモークサーモンに、完全に思考能力を奪われました。軽くスモークしたサーモンなのだけど、そのスモークの加減がさらっとで絶妙に軽め、そしてほんのり温かいのが、泣けてくるほどおいしい! ほんと微妙な加減のスモークなんだろうけど、サーモンそのものが、脂がのっていておいしいのがよくわかる。しかもこの厚さ・・・。サーモン好きにはたまらない一品。それにこんなに歯ごたえを感じるほど、黒トリュフを味わったのも初めてです・・・・。




魚料理、はもと松茸の叩き海老の重ね焼き、薄切り焼き松茸とほうれん草添え。
b0077251_23531727.jpg

これは叩いた海老の中にざく切りの松茸が入っていて、上にはも、さらに松茸の薄切りで重ね、焼いたというより蒸し物に近い、しかしこのソースがすごくって、なんとベルガモットの香り!
ほうれん草は軽くバターでソテーしてあって、このソテーされたほうれん草とあっさりした海老、はも、松茸がすばらしい調和をみせているの! しかもスープを煮詰めてベルガモットで香り付けされたソースは、思わずため息・・・。もともと松茸の土瓶蒸しは好きだけど、ここまでとは・・・・。もう、うっとりを超えてぼーっつとしてしまう私。



お口直しのグラニテは、シークァーサー。スプーンスタイルがアルピーノ流。
b0077251_00331.jpg




メインは先生のご配慮により、名物フォアグラ丼。
b0077251_0191959.jpg

見て、このフォアグラの厚さを! とろりとした舌触りで、一瞬のうちに口の中で溶けていくフォアグラ。ソースはちょっと濃いめで、しょうゆとみりんを煮詰めた、甘辛蒲焼き風。のりの中に大葉の千切りも隠れている、和風フォアグラ丼。もうごはんなんか食べず、ワインがすすむ・・・。



そしてチーズ。9種類のワゴンサービス。こちらも先生のご配慮で全種類とりわけられ・・・・・。
b0077251_07380.jpg


デザートは、洋ナシの入ったショコラのムース2種類にビターチョコレートがけ。フルーツのコンポートにナッツ。バナナとプルーンのアイスクリーム。
b0077251_094978.jpg


だったと思うけど、アイスクリームの種類は違ったかな。デザートで本領発揮するはずの私の脳は完全に休止状態。コーヒーのおかわりまで頂き、最後にプチフールまでサービスされる、本式のフルコースに、本当に感動した! さすがに食べれずおみやげに包んで頂く。後で見たら、トリュフ・オ・ショコラ、パッションフルーツのゼリー、ふんわりした自家製マシュマロだった。

最後に美しいアルピーノの中庭風景。近くに姉妹店の「イタリア料理 イルクオーレ」、洋食「素敵屋さん」、スイーツが買えるお店、ギャラリー、花屋さんもあります。

b0077251_0195628.jpg



 N先生本当にありがとうございました。チョコレートとコナコーヒーのハワイ土産も感謝です♪

みなさんも行かれてみてね。通常のランチはもう少し軽めだと思いますが・・。

フランス料理 アルピーノのサイトはこちら→http://www.alpino.co.jp/
[PR]
by tomoknowsflower | 2008-10-09 00:23 | foods

ヤケ食いで乗り切る残暑

 仕事のことで上の人に怒られ、再び人間不信に陥った。せっかくその傷は回復したのに、と思

うところを、またぐさりとやられた。傷は同じだ。

 言われても仕方のないことだったけど、感情をぶつけられた。

 人はなぜ感情をぶつけられると、こうも不愉快になるんだろう。

 きっと、それは相手の人格を考えていないからなんだ。言いたいことを、言いたいように

言うのでは、相手がどう感じるか、相手がどう思うかは無視されている。それでは愛情は伝わら

ない。だけど本当に愛情を持っていても、ちゃんと伝えることは難しい。私は「ものは言い様」の

ニュアンスが好き。何事も、ものは言い方ひとつ、と思うのだけど・・・・・・。

 そんなわけでヤケ食いに走っている。今日はランチの後にチョコレートケーキを食べてしまっ

たし、それに昨日も今日もきゅうりのサラダをひとやま。


b0077251_1322415.jpg


 このきゅうりのサラダがおいしくてよく作る。まず怒りにまかせて(こんにゃろーとか叫びなが

ら)ザンザンザンザンと、きゅうりを薄く輪切りにする。お皿に移してごま油をたらーっとまわしか

け、しょう油をさーっとまわしかけ、かつおぶしをはらはら、のりを細かくちぎってのせるだけ。こ

れで一日2本分はサラダで食べられます。

 激しくまずいな、このヤケ食い習慣。でも明日は久しぶりにチョコレートもしくは、アイスクリー

ムでヤケ食いしてやろうと計画中。だって、このところこのブログでもチョコレートが登場してい

ないんだし・・。

 感情をいきなりぶつけられるのも不愉快だけど、いきなり楽しく舞い上がったメールを送りつけ

られるのも迷惑ですよね。Tina☆さま、ごめんなさい。この場をかりてお詫びします。

Tina☆さまの今月の占いもアップされています。見てみてね。

サイトはこちら→http://www.h5.dion.ne.jp/~tina/index.html 
[PR]
by tomoknowsflower | 2008-09-04 00:06 | foods

新春のお菓子、百菓繚乱

 年明けの仕事場では、みんなの郷里からのお土産がたくさん。それにお年始のご挨拶にみえる方々の手土産もやっぱり、お菓子。
 大阪の「岩おこし」、鎌倉の「鳩サブレ」、修善寺の「逢瀬」のおまんじゅう、山口の「利休饅頭」、米屋の栗饅頭、風月堂のガトーミュゼシリーズの焼き菓子。なんて東京って、すてき! 本来ならば私が仙台銘菓の「萩の月」を買ってくるべきだったのだけど・・・。
 なかでも特筆すべきはこれ、富山の不破福寿堂の「鹿の子餅」。仕事場の先輩が「新聞の記事で読んだらおいしそうだったので、お取り寄せしてみた」と持って来て下さったもの。

b0077251_128533.jpg


 一口食べて「なんてふわふわでおいしいの!」と感動的な口当たり・・・!。ふわふわっとやわらかくて、でもお餅の歯ごたえがしっかりあって、中に淡く甘い小粒の金時豆が入っている。
 まるでお餅のメレンゲのよう! きめのこまかいお餅はなめらかで、絹のようなやわらかさはとっても上品。 中の金時豆も多すぎず、甘すぎず。ふわふわのお餅の食感の中に、豆のぷつぷつ感もあって楽しい。
 これはきっと、ものすごい老舗の和菓子屋さんのものに違いない。と思ったらやっぱり、創業117年の歴史。お取り寄せする価値は大アリです。HPを見ると、ふわふわのやわらかさのお餅なのに、コシがしっかりあって、角がたっているのが自慢だとか。それも上質のもち米と卵を使っているからだそう。ビジュアル的にも美しく、お土産にも喜ばれること間違いなしの銘菓です。
 なかなか富山県高岡市まで行く機会はないのだけど、慶長15年に前田年長が退隠の地として城下町を作ってから繁栄してきたのだそう。歴史があるところのようで、お店にもぜひ一度行ってみたいものです。

 そんなわけで甘いものに囲まれ、新春の仕事場はとてもなごやか。そういえば金曜の夕方には、銀座ウェストの「リーフパイ」の箱がロッカーの上にあったのを私は見逃さない。来週も甘いもの好きの仕事場はきっと安泰。
 
[PR]
by tomoknowsflower | 2008-01-13 02:00 | foods

年末のCafe'お茶は楽し・・それもいい友達がいればこそ!

 年末に向けて普段会えない友人と会う予定をしてたけど、忘年会や仕事納めの疲れで28日はダウン・・・。Cloveさま、本当にごめんなさい。
 29日はがんばって新宿に出て、メディアで一緒に働いていた友人達と会う。その頃みんなでよく飲みに行った新宿中央口の「鳥どり」でランチをして、前の会社の近くまでぶらぶら歩いて昔を懐かしみ(といってもせいぜい3年前かな?)、世界堂の隣の変わりように驚いた! 新宿御苑でバトミントンしようとしたら新宿御苑はすでに年末のお休み。
 お茶をしようと、yaklutちゃんの提案で「Tully's タリーズ」を探したら、路地の間にこんなに渋い「Tully's タリーズ」が!

b0077251_16204466.jpg


 コーヒーや紅茶を飲みながらみんなでお話しする。近況を報告するだけなのに楽しい!
タリーズは住んでいる最寄の駅近くにもあって、よく子どもと行くけどメニューが豊富でけっこうお気に入り。たまにモーニングセットを食べるけど、朝のメニューも充実している。写真のアイスクリームも2つで330円なんてお得だよね。

b0077251_1624548.jpg


 楽しかったです。ayamiちゃん、リミータちゃん、ユタカーン Thank You!(ユタカーン早くmixi登録してね!)

 ほか、マイミクのみなさま、未明さま、ブログに遊びに来てくれた方々、2007年私を支えてくださった、たくさんのみなさま、ありがとうございました。みなさまに感謝申し上げます。
 
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-12-31 16:45 | foods

暑い中、「食べること」を考える(4) 岡ちゃん劇場にて

 引越しの前夜は海の友達かよちゃん、ぺんぎーと「岡ちゃん劇場」にて会合。かよちゃんは一色海岸に「海の家」を持つジャーナリスト。ぺんぎーは環境教育の仕事をしている凛とした素敵な女性で、これまたパワフルな友人。以前、鎌倉の和賀江島に月1回通って海中の生態観察をした仲間。この忙しい2人と私がやっと都合がつけられた、貴重な日だった。
 会合はJR上中里駅の「岡ちゃん劇場」にて。真夏の夕方6時は外まだ明るく、蝉の声を聴きながら生ビールで乾杯が超うれしい!一ヶ月以上前にメールで約束しただけなのに、3人とも時間も違えずにしっかり登場する、この信頼関係にまたうれしくなった。
 「岡ちゃん劇場」は私の中では1、2を争うお気に入り店で、小さな円形劇場のようなお店。中央一段下がった舞台で何が行われているかというと、岡ちゃんが焼き鳥を焼いているのだ。それももちろん名古屋コーチン。ももやき、すなぎも、ハツ、手羽先とがんがん注文して、あっと言う間に生ビールはカラに!それから、レバ刺しがおいしいの!よくあるごま油と塩でも、にんにく醤油でもなくて、さっぱりとお酢がきいたタレに、ひたひたになったレバーの刺し身、そこにみじん切りのねぎがたっぷり・・・。あっという間にこれも食べてしまって、「レバ刺し、もう一つ!」と頼むと、岡ちゃん「すなぎも刺しもおいしいよー。」の一言に「じゃ、それ!」と注文はどんどん続く。
 たたきもおいしくて、3人ともちびちびたたきを食べては生ビールが進む、進む。生のささ身に、梅、しそ、ごま、ねぎが一緒にたたかれている。少しねっとりしていて、これがうまいのなんのって・・・。はぁー・・(涙)。
 話題はお互いの近況報告から、家族のこと、仕事のこと、ぺんぎーがずっと行っていたブラジルの話、親の介護、尊厳死の問題、日本の魚や食料事情など多岐に及ぶ。その間もしそ巻き、アスパラ巻き、ニラ巻き、トマト巻きなど注文はどんどん進む。私は特にプチトマトの焼き物が大好き!焼かれてくったりとしたプチトマトを食べると、じゅわーっと熱くって、熱いんだけどどろっとしたトマトがおいしくて、これがまた外側に巻かれたお肉の脂っこさとあいまって、おいしいよねー!焼き鳥大好き!もうここまでくると、焼き鳥ばんざい!って感じ。

b0077251_0163354.jpg

 「岡ちゃん劇場」はJR京浜東北線の上中里という、とってもこじんまりした駅にあるんだけど、かなり穴場。かよちゃんもぺんぎーも「上中里という駅に初めておりた」と話していた。「岡ちゃん劇場」の焼き鳥を食べるだけでも、電車に乗って来る価値はあるよ!京浜東北線沿線に住んでいる私ってなんてラッキー!いってみたい方、メールくれればご案内しますよ! いいかげん酔っ払っていたけど、カメラマン魂に突き動かされて一応写真は撮っておく。美しくないけどとりあえず。

 ぺんぎーがブラジルにいる間、書いていたブログがある。私はその頃メディアを辞めたばかりでPCの環境が整わず、リアルタイムで読めなかったのだけど、とってもおもしろいのでご紹介したい。ぺんぎーの「ブラジル便り」。右側のエキサイトブログにリンクを張っているので、ぜひ見てみてね。ブラジルでの最後の日のところのページが開くけど、さかのぼって読んでみて。環境教育とかブラジルに興味がある人はぜひ。

 
 

 
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-09-13 00:23 | foods

暑い中、「食べること」を考える(3) Sabuさんちのランチ編

 sabuさんのお家に遊びに行って、みんなでゴージャスランチを作って食べること、この夏2回。1回目は「なすとひき肉のカレー」、「いちじくとくるみ入りのパン」、「アセロラとラズベリーのムース」。それから母が育てた玉ねぎとトマトのサラダも作った。
 見よ!この豪快な男の手料理(私も手伝ったけど)を!

b0077251_23381946.jpg


 Sabuさんのお手製らっきょう漬け付き。このカレーがすごく簡単でびっくりした。なんと鍋にみじん切りにした玉ねぎ、1cmの厚さにスライスしたなす、ひき肉(生のままそのまま炒めもせず)を入れ、その上にカレールーを砕いてのせて火にかけるだけ。野菜の水分が出てまったく水やスープを加えずにカレーが出来上がっていた。「あれっつ、玉ねぎ炒めないの?ひき肉も炒めなくていいの?」と、???思っているうちに出来上がっていた。なんとこの間10分ぐらい。
 実はこれ鍋が特殊だった。日本アムウェイ社製の無水鍋だったのだ。でもひき肉は炒めてから煮込んだようにぷつぷつ感がしっかりあって、歯ごたえが良い。なすも形がくずれてなくて、なすの味がしっかりするおいしさ。
 もっと驚いたのが「いちじくとくるみ入りのパン」。フードプロセッサーで生地を練り、形を整えて、鍋にクッキングシートを敷いて火にかけただけ。「あれっつ、オーブンはどこかな?」と思っているうちに、生地が練りあがり、鍋でパンが焼けていた。すごい。

b0077251_23554958.jpg


 見ると外側がしっかり焼き色が付いているの。不思議だ。こんな便利なものがあったとは、目からウロコ。「オーブンが欲しいけど場所をとるし、結構高いし、どうせなら電子レンジ機能も欲しいし・・」と迷っていて買えなかった。でもこの鍋ならいいじゃない!さらに驚いたのは一見IHクッキングヒーターのように見える「インダクションレンジ」という電磁調理器。こちらオートメニューでタルトや炊飯や煮込みや保温、いろんな調理メニューが可能。
 ということは・・・? 朝に野菜とお肉を切って鍋に入れて固形ブイヨン一つ、お塩ひとつまみ、こしょう少々でタイマーをセットすれば、夜家に帰ってきた頃には煮込まれ、保温されて待っていてくれるんだよ!これはすごい!!(感動)。働く女性の味方だよね。すばらし。
 2回目に遊びに行って作ったのは、もちろんお鍋で焼いた「ずわいがにのピザ」、「お餅入りの和風ピザ」、贅沢に野菜を入れて生クリームで仕上げたスープ、「パイナップルケーキ」だった。フードプロセッサーがあれば山ほどの野菜のみじん切りも体力いらず、ピザの生地作りもあっという間。鍋でピザが焼けるなんて(しかも早い!)なんて便利。「ずわいがにのピザ」がおいしーい!あまりにもがっついていたので、撮影するのを忘れて食べに走ってしまった。あいりちゃんから画像を送ってもらう。

b0077251_0203617.jpg

[PR]
by tomoknowsflower | 2007-09-12 00:24 | foods


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧