Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

PIERRE HERME' PARIS  ピエール・エルメ・パリ青山(3)

「バラとライチとフランボワーズ、この味覚の組み合わせは私の作品の中で一番魅力的なものの一つです。」

とピエール・エルメ氏自身が語るように、ISPAHAN「イスパハン」はこれまでピエール・エルメ氏が発表してきたプチガトーの中でも圧倒的な存在感を誇るそうだ。

それもそのはず、ローズのマカロン、フレッシュなフランボワーズ、マカロンにサンドされているのは、

ローズの香りのクリーム、それにライチ・・・。ばらの花びらにはひとしずくの水滴・・。

b0077251_0354895.jpg


ローズのマカロンとクリームを一口食べただけで、体中からローズの香りがするようだった。

すっぱいフランボワーズを食べて、もう一口ライチとクリームをほおばれば、

まるで薔薇の花びらいっぱいのお風呂に入って、クリスタルの器からライチをとって食べているような錯覚に・・。

チョコレートやチョコレートケーキもおいしかったけど、このISPAHAN「イスパハン」には虜になってしまった。

これは本当に今まで食べたケーキの中で、最高傑作。

さらにこのあと「100% Plenitude・プレニチュード」のTHE FETISH PARTYに参加して、

すっかりエルメ氏のファンになる。この味の繊細さは魔法のようだね。

でも私の中での今まで一番「La maison du chocolate」ラ・メゾン・ドゥ・ショコラは、

チョコレートではやっぱり勝っているな。

ピエール・エルメ氏は14歳でガストン・ルノートルに弟子入り、20歳でフォーションのシェフ・パティシェに。

独特の風味や感触、温度のコンビネーションで新しい感動を生み出す・・・。

ISPAHAN「イスパハン」、あまりにも美しいので撮影にも力が入ってしまうのだった。

b0077251_17236.jpg

[PR]
by tomoknowsflower | 2007-10-02 00:58 | PIERRE HERME'
<< THE FETISH PART... PIERRE HERME... >>


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧