Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

PIERRE HERME' PARIS ピエール・エルメ・パリ青山 (1)

 表参道のモーハウスのあるビルの隣り、246沿いの角にあるPIERRE HERME' PARISピエール・エルメ・パリ青山、前を通るたびに気になっていた。紀尾井町のホテルニューオータニのお店には、出店したばかりの頃に取材に行ったことがある。パティスリーとは思えないほどダークなインテリア、ケーキではなくて宝石が陳列されているようなディスプレイ。ケーキそのものも斬新で、チョコレートとフルーツの見たことがないようなデザインでびっくりした。
 青山のお店は外からかわいいマカロンのショーウィンドウが見られる。色とりどりのマカロンを見たら、中に入らずにはいられないよね!2階に「Chocorate Bar」(ネーミングがまたいい)があって、エルメ氏のスイーツを堪能できる。階段には、チョコレートやエルメ氏の本がディスプレイされて、おしゃれ。

b0077251_2354273.jpg


 席についてフランス人のギャルソン、ショコラティエに「おすすめは何ですか?」と聞くと、3つのデセールのコラボレーション「Signature~シニャチュール」(1650円)と教えられる。それから、ショコラティエがその人の表情や雰囲気を見てショコラをセレクションしてくれる、3つのショコラセレクション(900円)をオーダーすると、ショコラの好みを聞かれた。好きなのはビターかミルク?フルーツは好き・・・?「だんぜんビターショコラ。フルーツが大好き!」と答えると運ばれてきたのは・・。
 フランボワーズ入りチョコレートガナッシュ、ブラックチョコレートコーティングの「クロエ」、ビターチョコレートガナッシュ、砕いたカカオ豆入りヌガティーヌの「ショック・ショコラ」、それから生ショウガ入りミルクチョコレートガナッシュ、ジンジャーコンフィ、ブラックチョコレートコーティングの「ルー」だった。この「ルー」にびっくりしてしまった。ぴりっとしたショウガの味に、以外にさわやかなショウガの香り・・・。これはほかではない味。今までどこでも食べたことのない味だった。ほか二つは無難な組み合わせだと思ったけど、この「ルー」は挑戦的な一粒だった。

b0077251_23294741.jpg

 
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-09-19 22:21 | PIERRE HERME'
<< PIERRE HERME... 暑い中、「食べること」を考える... >>


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧