Chocolate lovers


love,chocolate
by tomoknowsflower
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

春のお花見チョコレート

 明日のお花見のために、昨日から準備をしているところ。昨日はお花見用チョコレートを買いに新宿へ。大好きなゴディバの「オランジェ」を買おうと、ゴディバコーナーに行くけど品切れ中(入荷が少ないのですぐ売り切れる、とのこと)。「オランジェ」には強い思い入れがあったのだけど、それではとメリーのコーナーへ。
 メリーは百貨店ごとに扱うチョコレートの種類がちょっと違う。私がよく行く京王百貨店では「TREOW(トゥレオゥ)」シリーズと「Chocolate Bar」がある(ちなみに同じ新宿でも伊勢丹にはフランスで賞をとったマダムセツコ ブランドがある)。
 みると期間限定の「リカーチョコレート」があった! コニャックとオレンジキュラソーのそれぞれ3個づつ、6個入り(1050円)。期間限定なのと、オレンジキュラソーという言葉に強くひかれて購入。これはお花見の大人用チョコレート。
 
 b0077251_14373320.jpg
b0077251_1438854.jpg

昨年のお花見会はちょっと寒かったな。まだメディアで働いていた頃だったので、私は疲れきっていた。料理一品持ち寄りの約束だったので、きのこ入りの卵焼きを作ったけど、それだけで必死だった。子どもが味付けを手伝ってくれたっけ。親たちも日曜日に早起きして料理を作って、お弁当を持って子どもを連れて、家によっては車で、みんながんばってお花見に参加している感じだった。当然子どもたちは楽しそうだったけど、親たちはなんとなく疲れているようだった。
 今年はおいしいチョコレートを持って行って、カカオの力でみんなを元気にしなければ!!
映画「ショコラ」のジュリエット・ビノシュみたいな使命感にかられている私です。
 でも、この「リカーチョコレート(オレンジキュラソー)」、3年前に恋に落ちた、コアントローのチョコレートをイメージしていたけど、食べてみたらちょっと違った。やっぱりあの味にはもう出会えないのかな。
 撮影が終わってふと見ると、6個入りだったチョコレートの箱が空になっている・・・。
えーっと思っていると気配を察したか、ふふふと笑いながら走っていく子ども。
大人用だったのにー・・・・。
[PR]
by tomoknowsflower | 2007-03-31 14:55 | chocolate
<< 春のお花見チョコレート(2) 表現をするということ >>


カテゴリ
タグ
笹原 知花 Profile
大学在学中から、広告、雑誌媒体の制作、営業、PRの仕事に携わる。

現在、建築とショコラ勉強中!

Love,and
chocolate♪
フォロー中のブログ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧